SUMMIT

転職サラリーマンKenのビジネス&マネーブログ

経理の転職,キャリアアップに必要な資格,スキルは?経理ってどんな仕事?

経理職はどこの企業にもある仕事で、企業ごとの仕事内容に大きな差が差がなく、どこの会社に行ってもスキルが通用するため、経理の実務経験を積むことはキャリア形成という面で非常にメリットがあります。

 

経理の転職,キャリアアップ

 

経理を知らない人にとってみれば、「ただの事務職でしょ」「AIが導入されたときに真っ先になくなる仕事だよね」とお考えの人もいるかもしれませんがそらは大きな誤解です。

 

確かに経理の仕事の中には単純な伝票起票や書類整理などの仕事も存在しますが、そこからステップアップしていけば高い専門性を必要とする開示書類の作成、税務申告、予算編成、更には業績分析をして経営層と会社の行く末を考える、といった大きな仕事が待っています。

 

今回は経理職の仕事にはどんな仕事があるのか、経理職としてキャリアアップや転職をしていくためにはどのようなスキルを身に着けていけば良いのか、という点についてみていきましょう。

 

 

経理業務とは

経理業務は会社が上場しているかどうかや、その会社の規模、業種などによって仕事内容や難易度が変わってきますが、まずは経理としての主な仕事について紹介をしていきます。

 

・債権管理

売掛金などの債権の回収管理、貸倒引当金の計上

 

・債務管理

仕入代金や経費の支払い、下請法対応

 

・固定資産管理

取得価格の算定、 減価償却、減損会計、固定資産税(償却資産税)の申告、設備投資の有効性の検討

 

・原価計算

製品ごとの原価計算、粗利の算定、製品の売価の設定

 

・業績予測、予算編成、経営計画の策定

 

・開示書類の作成

 計算書類、決算短信、有価証券報告書等の作成

 

・税務

 法人税、住民税、事業税(外形基準)、源泉所得税、移転価格税制対応

 

・会計システムの運用管理

 

・連結決算

 資本連結、債権債務消去、取引高相殺

 

・マネジメント

決算進捗管理、チームマネジメント

 

 

経理が身に着けたい資格とスキル

経理の資格やスキルは転職をした場合でも使える汎用性の高いものが多く、どれだけ自分のスキルを高められるかが経理としての市場価値を高めるコツです。では多くの企業から、また高い報酬を払ってでも求められる経理になるためにはどのような資格やスキルを身に着ければ良いのでしょうか。

 

<どこの会社でも有利になるもの>

・公認会計士

経理系最高峰の資格で、どこの会社に行ってもその高い専門性は重宝されます。

 

・税理士

公認会計士と並んで経理系トップクラスの資格です。日本の会社で日本の税金に関係のない会社はないためどこの会社にいっても税理士のスキルは歓迎されます。

 

・日商簿記検定

日商簿記検定は比較的簡単な3級から、高度な専門性が要求される1級まで自分のレベルに合わせてチャレンジすることができるのが日商簿記検定のメリットです。(全経簿記検定という資格もありますが、あまりメジャーではありません。)経理の仕事に就くつもりなら最低限2級を取得、上場企業の経理をやろうとするのであれば連結決算、税効果会計、資産除去債務会計などの難しい論点を扱うことがあるので1級まで取得をしておくとよいでしょう。

 

・エクセル

経理ではどこの会社に行ってもエクセルを多用します。エクセルの関数やグラフ、ショートカットキーなどを身に着けてすばやい操作、編集ができると良いですね。

 

 

<会社によっては有利になるもの>

・ 英語

海外取引がある企業に勤務をしていたり、そのような企業に転職を目指す場合、会計の知識の次に必要になるのは英語のスキルです。使う頻度や方法(メール、文書読解、ディスカッションなど)は会社によって異なりますが、英語を頻繁に使う企業は大企業であることが多く、英語を使えれば給与水準の高い企業で働くチャンスが増えます。

 

 ・米国公認会計士

日本企業の中にはキヤノンやソニーなどのようにアメリカの証券市場に上場し、米国会計基準と呼ばれるアメリカの会計ルールで決算をまとめている会社があります。米国公認会計士はアメリカの会計のプロであり、米国会計基準を採用する会社で働くときには有利に働きます。使える場面は限られてきますが資格保有者も少ないため、米国会計金の採用企業で働いている場合、これから転職したい場合には大きな武器になります。

 

・ワード、パワーポイント、アクセス

これらのマイクロソフトソフトは企業によって使用頻度は異なりますが、最低限の操作はわかっていた方が良いでしょう。 

 

 

まとめ

経理業務はスキルの汎用性が高く、かつ、ステップアップすればするほど高い専門性を要求される仕事であるため、これからのIT時代にもなくなることはなく、キャリア形成として非常にメリットのある職種です。

 

経理を目指そうと考える方は、まずは日商簿記検定の受験からはじめてみてはいかがでしょうか。