転職・キャリア

経理の転職エージェントおすすめ8社の評判比較【未経験可】

経理の転職エージェントおすすめ8社の評判比較【未経験可】

この記事を書いている人

モチタケ

転職、副業、投資を駆使して金融資産1億円に挑戦中。第二新卒で未経験職種への底辺転職を経験した後、スキルを蓄積して大手上場企業の内定を獲得してきたジョブホッパー。転職、副業、投資のノウハウや、日々の気づきなどを発信。東京都在住。

【保有資格】ファイナンシャルプランナー、税理士試験(法人税法)、日商簿記検定1級、TOEIC900

今回は専門性の高い管理系職種として人気の経理職について、おすすめの転職エージェントの評判・比較をまとめました。

 

 

【記事の内容】

・経理の転職におすすめの転職エージェント8社の評判、比較

・経理の転職で有利になる資格、実務経験は?

・未経験、第二新卒からでも経理転職はできる?

 

 

私自身も経理系の職種で、第二新卒・未経験からの転職や、日系大手グローバル企業本社へのステップアップ転職の経験があり、転職エージェントについてもこれまで20社以上を利用してきました。

 

未経験や第二新卒から経理転職を狙っている方や、現役の経理マンでこれから更なるステップアップやワークライフバランスの充実などを目指す方にとっても役に立つ情報をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ブックマークして後で読む

記事のブックマークは、はてなブックマークボタンからどうぞ。オンライン上にブックマークを保存して、どのデバイスからでも記事が読めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

経理の転職エージェントおすすめ8社の評判比較【未経験可】

経理の転職では特化型と総合型の転職エージェントを併用する

経理職で転職を考えている人の多くが転職エージェントの利用と考えると思いますが、転職エージェントはそれこそ星の数ほどあり、どの転職エージェントを使うのが良いか悩んでしまう方が多いのではないでしょうか。

 

私のこれまでの経理領域の転職経験から考えると、経理職での転職を考えている方であれば「経理領域に特化した転職エージェント」と「総合型の転職エージェント」の併用をするのが、最も効果的かつ効率的な転職エージェントの使い方です。

 

 

【経理の転職で利用すべき転職エージェント】

・経理領域に特化した転職エージェント

・総合型の転職エージェント

・上記2種類の転職エージェントを併用する

 

 

経理特化型の転職エージェント

経理特化型の転職エージェントとは、様々な求人の中で経理・会計・税務、財務といった領域に重点を置いて転職支援サービスを行っている転職エージェントです。

 

経理特化型の転職エージェントの特徴をまとめると以下の通りで、経理職での転職を中心に考えている方であれば、まずはじめに登録すべき転職エージェントになります。

 

 

【経理特化型の転職エージェントの特徴】

◎経理領域の求人数が多い

◎転職エージェントの担当者が経理に詳しいのでキャリアコンサルティングの質が高い

✖経理以外の求人は多くないので「経理経験を活かして別のキャリア」という選択肢ではやや弱いことも

 

 

総合型の転職エージェント

次に総合型の転職エージェントとは、業界・業種を絞らずあらゆる転職求人を取り扱っている転職エージェントで、リクルートエージェントdodaエージェントサービスなどが有名ですね。

 

総合型の転職エージェントの特徴をまとめると以下のようになります。

 

 

【総合型の転職エージェントの特徴】

◎あらゆる業界、業種の求人があるので求人数が非常に多い

◎経理経験を活かした別キャリアを見つけるチャンスあり

✖経理に詳しくない担当者が付きがち

 

 

経理での転職を考えているのであれば、経理特化型の転職エージェントだけ使用すればいいようにも思えますが、実は経理特化型の転職エージェントだけを使用するのはオススメできません。

 

経理の仕事は管理部門の中枢ともいえる企業経営の根幹を担う仕事なので、経理の経験を持っている人は経理以外のキャリアの選択肢も豊富に用意されています。

 

例えば、経理経験を持っている転職者に相性が良い仕事としては、IPO関連業務であったり、金融系、コンサル系、経営企画などの領域がありますね。

 

このような経理経験が活かせる経理以外の仕事は、経理特化型の転職エージェントを利用するだけでは取りこぼしてしまう恐れがあります。そこで、経理特化型に加えて、総合型の転職エージェントも併せて利用することで、転職の選択肢(求人)を網羅的できる状態にしておくべきです。。

 

従って、現在の経理の転職では経理特化型と総合型の転職エージェントの併用が最適解になるでしょう。

 

 

経理特化型の転職エージェントでおすすめは?【未経験でもOK】

では実際に経理への転職希望者が使うべき、経理特化型の転職エージェントはどこでしょうか。

 

経理特化型の転職エージェントはいくつかありますが、私の過去の利用経験からおすすめできるのはMS-Japanジャスネットキャリアです。

 

 

<経理特化型の転職エージェント>

会社名特徴
MS-Japan
  • 管理部門(経理、人事、法務、会計士、弁護士等)に特化
  • 求人数45,000件超(非公開求人が90%以上)、うち公開求人数約4,300件
  • 拠点は東京、神奈川、大阪、名古屋
  • 東証一部上場
ジャスネットキャリア
  • 経理、会計、財務、税務、会計士、税理士などの会計職に特化
  • 求人数20,000件超(非公開求人が90%以上)、うち公開求人数約2,300件
  • 拠点:東京、大阪、名古屋
REXアドバイザーズ
  • 経理財務、会計士、コンサル、金融、ファンド等の領域に特化
  • 求人数不明、うち公開求人数約4,200件
  • 拠点:東京
ワイズアライアンス
  • 会計、税務、ファイナンスに特化した人材紹介サービス
  • 求人数不明、うち公開求人数約200件
  • 拠点:東京

 

 

おすすめ1位:MS JAPAN(MSジャパン)

MS JAPAN:https://www.jmsc.co.jp/

 

経理特化型の転職エージェントの中で、最初に登録すべきはMS-Japanです。

 

MS JAPANは、東証一部上場企業ということもあって担当者の質が高く、また管理部門領域に特化しているため高い知識レベルの人材がそろっています。私の過去の面談経験からもMS JAPANの担当者の質の高さはかなり実感しています。

 

また、MS JAPANは各企業の管理部門や人事採用担当と強いパイプを持っていて、MS JAPAN経由で応募した転職希望者を応募先企業に強力にプッシュする力があります。これは実際に目当ての企業の選考を受ける際に有利に働きますよ。

 

 

おすすめ2位:ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリア:https://career.jusnet.co.jp/

 

ジャスネットキャリアは、MS JAPAN以外の経理特化型転職エージェントも試してみたいという方におすすめです。ジャスネットキャリアもMS JAPANと近い内容・質のサービスを展開していて、ジャスネットキャリアの独自案件も持っているので、同じ経理特化型でも併用する価値は十分にあると思います。

 

 

その他:REXアドバイザーズ、ワイズアライアンス

REXアドバイザーズワイズアライアンスは、求人数も少なく、中小規模の転職エージェントなので特に理由がなければ登録は不要でしょう。

 

 

総合型の転職エージェントでおすすめは?【評判比較】

経理特化型に登録をしたら必ず総合型の転職エージェントにも登録して、その時期に出ている経理求人や経理周辺領域の求人を網羅的に情報収集できる体制を作っておきましょう。

 

総合型の転職エージェントの中でおすすめの会社は以下の通りです。私も過去の転職でお世話になっている会社ばかりですね。

 

 

<総合型の転職エージェント>

会社名特徴
dodaエージェントサービス
  • 保有求人数No.2
  • 過去の利用経験から担当者の質が最も高いエージェント
  • 求人数約100,000件
  • 東証一部上場のパーソルグループ
  • 拠点:北海道、宮城、東京、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡
リクルートエージェント
  • 保有求人数No.1の転職エージェント
  • 過去の利用経験から担当者の質は玉石混交な印象
  • 求人数200,000件超、うち公開求人数約100,000件
  • 東証一部上場のリクルートグループ
  • 拠点は北海道、宮城、栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡
マイナビエージェント
  • 総合型エージェントで3番手
  • 20代や第二新卒などの若手に強い
  • 求人数約80,000件、うち公開求人数約20,000件
  • 拠点:北海道、宮城、東京、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡
パソナキャリア
  • 総合型エージェントで4番手
  • 年収アップ率が67%とかなり高い
  • 求人数約40,000件、うち公開求人数約20,000件
  • 東証一部上場のパソナグループ
  • 拠点:東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、広島、福岡

 

 

おすすめ1位:dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス:https://doda.jp/

 

総合型の転職エージェントで最初に登録すべき転職エージェントは「dodaエージェントサービス」です。

 

dodaエージェントサービスは、求人数ではリクルートエージェントに次ぐ業界2位ですが、これまで私が利用した印象では最も担当者の質が高い転職エージェントです。担当者が業界、或いは職種に精通しているため、企業の社風や選考の特徴など、転職希望者だけでは収集できない情報をいろいろもらっていました。

 

 

おすすめ2位:リクルートエージェント

リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/

 

dodaエージェントを利用したけど担当者がイマイチだった、もっと求人情報を集めたい、という方は、リクルートエージェントへの登録も良い選択肢だと思います。

 

正直、dodaエージェントサービスと持っている求人はほとんど変わらないのですが、たまに掘り出し物求人が出てくることがあります。

 

私はこれまでにリクルートエージェントの担当者には5人以上会っていますが、「この人に全面的にお願いしたい」と思うような、レベルの高い担当者には残念ながら当たっていません。(もちろん、中には良い人もいると思います。)

 

 

その他:マイナビエージェント、パソナキャリア

総合型の転職エージェントで上記2社に続くのがマイナビエージェントパソナキャリアです。

 

上記2社に登録してしまえば、その時にマーケットに出ている求人はほとんど網羅できるので、マイナビエージェントやパソナキャリアに登録する必要性は正直あまりありません。

 

「1社でも多くのエージェントと接触したい」「なかなかいい担当者に出会えない」という方は、登録してみてもいいと思います。

 

 

QA.女性の経理転職におすすめの転職エージェントは?

経理は事務系・管理系の職種の中でも専門性が高い職種なので、経理スキルを高いレベルで身に着けていれば、結婚・出産・育児などでキャリアが途切れがちな女性でも安定的なキャリアが築けます。

 

しかし、女性の転職の場合は男性とはまた違った目線で取り組むことが必要です。

 

例えば、転職先企業を選ぶときは、プライベートと両立したい方であれば育児休暇・時短勤務などに対応しているかといった点や、仕事に邁進してキャリアを積み重ねていきたい方であれば男性と女性の出世や管理職登用に差がない企業を選ぶといったことが女性には求められてきます。

 

また、面接の際には希望する働き方を企業にどのように伝えるか、産休・育休などの希望をどのように伝えるかなど、女性特有の対策も必要です。

 

一般的な転職エージェントでも、もちろん女性の転職には対応してくれますが、上記のポイントに対応するためには女性特化型の転職エージェントを利用することも一案です。

 

女性特化型の転職エージェントに登録して、担当者と面談をすることで、転職の悩みが解決出来たり、選考を有利に進めることができたりするので、女性の方であれば他の転職エージェントと併用して利用して、転職ノウハウを吸収すると良いでしょう。

 

 

おすすめの女性特化型の転職エージェント2社

女性が転職に特化して対応している転職エージェントは以下の2社です。

 

<女性特化型の転職エージェント>

会社名特徴
type女性の転職エージェント
  • 総合型転職エージェントであるType転職エージェントが、女性特化型として提供している転職エージェント
  • 面接用のメイク術や、出産・育児との両立キャリアなど女性ならではの悩みの相談が可能
  • 求人数 総求人数不明、公開求人約10,000件
  • 拠点:東京のみ
LiBzCAREER

(リブズキャリア)

  • リクルート出身者が立ち上げた女性特化の転職エージェント
  • 総求人数は多くないが、大手優良企業の求人もそろえている
  • 求人数 総求人数不明、公開求人約1,000件
  • 拠点:東京のみ

 

 

type女性の転職エージェント

【公式サイト】Type女性の転職エージェント

 

女性特化型の転職おすすめはType女性の転職エージェントで、年間5000人超とのキャリアカウンセリング・年間数百人の転職支援を行うなど、女性特化型の転職支援ではおそらくトップの実績です。

 

Type女性の転職エージェントでは、面接用メイク術や出産・育児との両立に関するアドバイスなど、女性特化型の転職支援で運営18年超のノウハウをもらうことができるのは大きなメリットです。

 

拠点が東京だけなのは難点ですが、首都圏在住の方であれば他の転職エージェントと併用してアドバイスをもらうのがおすすめです。

 

 

LiBzCAREER(リブズキャリア)

【公式サイト】LiBzCAREER(リブズキャリア)

 

LiBzCAREER(リブズキャリア)は、リクルート出身者が立ち上げた女性特化型の転職エージェントで、小規模ながら大手優良企業の求人もある程度揃えています。

 

気になる方はType女性の転職エージェントと合わせて話を聞いてみると良いでしょう。

 

 

QA未経験から経理転職を目指す場合に使う転職エージェントは?【第二新卒、非正規から正社員】

未経験や第二新卒で経理を目指す場合や、非正規社員から正社員を目指す場合の経理転職を目指す場合はどの転職エージェントを選べば良いのでしょうか。

 

前提として、目立ったキャリアがない未経験の状態から経理転職を目指す場合は、まず日商簿記検定2級以上を取得するようにしましょう。

 

企業は学校ではないので、「入社してから経理を覚えます」と言っても通用しないので、経理業務の基礎になる日商簿記検定2級以上は必ず取得してから転職活動を始めてください。未経験であっても、日商簿記検定2級以上があれば内定がでるチャンスがあります。

 

日商簿記検定2級は、3か月程度真面目に勉強すれば誰でも取得できる試験ですし、日商簿記検定2級にどうしても受からないようであれば経理の適性がないと思って、別の仕事に就いた方がいいかもしれませんね。

 

また、日商簿記検定1級は、マニアックすぎて使わない・いらないという意見がネット上にありますが、これは経理を知らない人が言っているだけなので注意してください。

 

日商簿記検定1級は、企業の経理を一人ですべて理解・完結できるようになるには最低限レベルの内容で、むしろ日商簿記1級の試験範囲だけでは経理の実務には不足しているくらいです。経理としてある程度の活躍や出世を考えるなら、日商簿記検定1級はぜひ取得しておきたい資格です。

 

 

未経験・第二新卒特化型の転職エージェント【評判・比較】

未経験や第二新卒であっても日商簿記検定2級以上を取得したら、できるだけ早く転職活動をはじめましょう。

 

未経験からの転職は若さが命なので、1歳でも若い時に転職活動を始めた方が内定を獲得できる確率が上がって有利になります。

 

未経験や第二新卒など、キャリアが浅い時の転職では、リクルートエージェントdodaエージェントサービスといった総合型の転職エージェントを使うのが第一選択肢になりますが、未経験や第二新卒に特化した転職エージェントも併用しておくとノウハウが吸収出来てためになります。

 

未経験や第二新卒に特化した転職エージェントをいくつかご紹介します。

 

 

<未経験や第二新卒に特化した転職エージェント>

会社名特徴
マイナビジョブ20’s
  • 20代、第二新卒に特化した転職エージェント
  • 保有求人の約60%以上が未経験可の求人
  • 拠点:東京、神奈川、名古屋、大阪
ハタラクティブ
  • 20代のフリーター、既卒、第二新卒に特化した転職エージェント
  • 未経験からの正社員登用に強み
  • 支援実績60,000人超、就職成功率80%超
  • 拠点:東京、千葉、神奈川、埼玉、名古屋、大阪、兵庫、福岡
ウズキャリ
  • 第二新卒、既卒、フリーター、ニートの就職・転職に特化した転職エージェント
  • 初回面談2時間、一人当たり平均サポート時間20時間以上という丁寧な支援
  • ブラック企業を排除して厳選した優良企業を紹介
  • IT系の求人に強い
  • 拠点:東京、大阪
JAIC
  • 既卒、第二新卒に特化した転職エージェント
  • 履歴書や面接対策といった就活ノウハウだけでなく、ビジネスマナーなども教えてくれる
  • 就職成功率80%超
  • 中堅中小企業に強い
  • 拠点:宮城、東京、神奈川、名古屋、大阪、広島、福岡、熊本、中国(上海)

 

上記のように未経験や第二新卒に特化した転職エージェントはいくつかありますが、これから経理を目指す方にはマイナビジョブ20sをおすすめするようにしています。

 

 

おすすめはマイナビジョブ20s【未経験・第二新卒特化型】

【公式サイト】マイナビジョブ20’s

 

上記の中で最も求人の質が高いのがマイナビジョブ20’sで、大手優良企業の求人も多くそろえています。

 

未経験、第二新卒特化型の転職エージェントを利用する場合は、まずマイナビジョブ20sに登録し、必要に応じてその他の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

 

 

QA.転職エージェントは掛け持ちしてもOK?

転職希望の方から転職相談を受けていると、「転職エージェントは掛け持ちしても大丈夫ですか?」「転職エージェントは何社くらい登録すればいいですか?」といった質問を受けることがあります。

 

転職活動においては、転職エージェントは併用をするのが基本で、転職に成功している人の中で転職エージェントを1社しか使っていないという方はほとんどいません。

 

実際に転職エージェントの担当者も、転職希望者が転職エージェントを複数社利用していることを前提に話をしてきますし、1社しか使っていないと「転職エージェントに支援を断られているのかな」と思われるリスクもあります。

 

私が前回の転職をしたときは、まず3社程度の転職エージェントに登録して、そのときの転職市場の求人を網羅的に把握しつつ、相性の良さそうな担当者を探しました。

 

転職活動を進めつつ、さらに掘り出し物求人を探すべく転職エージェントを数社登録して、内定を獲得するまでには結果的に10社ほどに登録していました。

 

特に初めての転職の方は、転職エージェントがどういうものか、どういう担当者を味方にすればいいのか、といった点もわからに杭と思いますので、まずは3~4社に登録してサービス内容を比較してみると良いでしょう。

 

反対に、すでに転職経験があり、転職エージェントの見極めができる方であれば、無駄に数を増やさず、担当者がイマイチなら変更依頼をするというやり方ももOKです。

 

 

まとめ:経理の転職エージェントおすすめ8社の評判比較【未経験可】

では最後に記事の内容のまとめです。

 

 

<経理が登録すべき転職エージェント>

  • まずは経理特化型の転職エージェントに登録する
  • 求人情報を網羅するため、転職の可能性を狭めないために総合型の転職エージェントも併用する
  • あとは本人の属性(女性、未経験、ハイクラス狙い、外資狙い)に応じて転職エージェントを併用する

 

 

<おすすめの経理特化型の転職エージェント>

・【おすすめ1位】MS-Japan

・【おすすめ2位】ジャスネットキャリア

・【登録不要】REXアドバイザーズ

・【登録不要】ワイズアライアンス

 

 

<おすすめの総合型転職エージェント>

・【おすすめ1位】dodaエージェントサービス

・【おすすめ2位】リクルートエージェント

・【気になる人のみ登録】マイナビエージェント

・【気になる人のみ登録】パソナキャリア

 

 

経理は管理部門の中でも特に専門性の高い人気の職種です。

 

経理領域の中でステップアップするのはもちろん、経理スキルを高めれば経営企画職、金融関連、コンサルなど様々な仕事にステップアップできる職種でもあります。

 

これからは先行きの見えない変化の激しい時代になりますので、自分のスキルを高めて自分のキャリアは自分で切り開いていきたいですね。皆さんの経理としてのステップアップを応援しています。

 

記事をブックマークする

記事のブックマークは、はてなブックマークボタンからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

転職×副業×投資で1億円
タイトルとURLをコピーしました