転職サイト、転職エージェントの比較とランキング

転職活動をこれから始めようという方、どんな求人があるのか見てみたい、という方はまずは転職サイト、転職エージェントに登録をしてみましょう。今回は転職サイト、転職エージェントにはどんな種類があるのかご紹介したいと思います。

転職サイト,転職エージェントの比較とランキング

転職サイト、転職エージェントの比較とランキング

転職サービスは大きく分けて2種類(転職サイトと転職エージェント)

転職サイトとは?サービスの特徴

転職サイトとはリクナビNEXTなどのように転職希望者がサイトに登録し(通常、登録は無料)、企業が掲載している求人広告を見て応募したい求人があればサイト経由で応募をするサービスです。メリットとしては自分のペースで転職活動が進められる、企業と選考の日程調整などを自分でやり取りするため企業側の対応などを転職先決定の材料の一つにできる、ことなどが挙げられます。一方で、転職市場に多くある非公開求人に応募することができないため応募できる求人数が少ない、企業と選考の日程調整などを自分でやり取りする手間がかかる、といったデメリットがあります。

 

<転職サイト型のメリット>

・メリットとしては自分のペースで転職活動が進められる

・企業と選考の日程調整などを自分でやり取りするため企業側の対応などを転職先決定の材料の一つにできる

 

<転職サイト型のデメリット>

・非公開求人に応募することができないため応募できる求人数が少ない

・企業と選考の日程調整などを自分でやり取りする手間がかかる

 

 

 

転職エージェントとは?サービスの特徴

転職エージェントとは転職活動をサポートをしてくれる専任のアドバイザーが付くサービス形態のことを言います。転職エージェントサービスには、自分で求人を自由に見ることができる会社と、転職エージェントから紹介をしてもらった求人のみ応募できる会社があります。転職エージェント型のメリットとしては、非公開求人にも応募が可能になる、担当のアドバイザーが企業に自分を推薦してれる、選考の日程調整などの企業とのやり取りを代行してくれる、企業と年収UP交渉を行ってくれる、といったものがあります。デメリットとしては、担当のアドバイザーが付くため、自分のペースで転職活動ができないケースがある、企業と直接やり取りしないため企業の対応などの情報が得られない、内定が出た場合に入社を強く勧められることがある、といったものががあります。

 

 

<転職エージェント型のメリット>

・非公開求人にも応募が可能になる

・担当のアドバイザーが企業に自分を推薦してれる

・選考の日程調整などの企業とのやり取りを代行してくれる

・企業と年収UP交渉を行ってくれる

 

<転職エージェント型のデメリット>

・自分のペースで転職活動ができないケースがある

・企業と直接やり取りしないため企業の対応などの情報が得られない

・内定が出た場合に入社を強く勧められることがある

 

 

総合型エージェント

それではここからは転職エージェントサービスを展開する各社のサービス内容を比較していきましょう。総合型エージェントは業種や年齢を問わず幅広い求人を取り扱っている転職エージェントです。転職活動をこれから始める方、始めたばかりの方はまず総合型エージェントを利用してみて、必要に応じて他の特化型エージェントなどを試していくようにすると良いと思います。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェントは求人数業界1位を誇る転職エージェントです。どの転職エージェントを利用するか迷ったときにはまずリクルートエージェントに登録をしておけば間違いありません。その後、必要に応じて他のエージェントを利用していけば良いでしょう。

 

<拠点>

東京都千代田区、東京都立川市、北海道札幌市、宮城県仙台市、栃木県宇都宮市、埼玉県さいたま市、千葉県千葉市、神奈川県横浜市、静岡県静岡市、愛知県名古屋市、京都府京都市、大阪府大阪市、兵庫県神戸市、岡山県岡山市、広島県広島市、福岡県福岡市

 

<運営元>

リクルートキャリア株式会社

(他にもリクナビ、リクナビNEXT、キャリアカーバーなどを運営)

 

<HP>

転職支援実績No.1 リクルートエージェント

 

 

doda(デューダ)エージェントサービス

dodaエージェントサービスはリクルートエージェントに続いて求人数業界2位の転職エージェントです。リクルートエージェントとサービスを比較したい場合などに登録をしてみると良いでしょう。

 

 <拠点一覧>

北海道札幌市、宮城県仙台市、東京都千代田区、神奈川県横浜市、静岡県静岡市、愛知県名古屋市、大阪府大阪市、岡山県岡山市、広島県広島市、福岡県福岡市

 

<HP>

dodaエージェントサービス |転職ならdoda(デューダ)

 

 

JACリクルートメント

東証一部上場の人材紹介会社で外資系や年収600万円以上などハイクラスの案件に強いエージェントです。もう一つの大きな特徴が所属するエージェントが「両面型」のサービスを行っているところ。採用する企業側と応募する求職者側の両方を一人の担当が行っているため、求職者としては担当エージェントからより詳しい企業の情報が得られるというメリットがあります。

 

<特徴> 

・外資系、年収600万円以上のハイクラス案件に強い

・一人のキャリアアドバイザーが企業側と求職者側の両方を対応

 

<所属コンサルタント>

約650名

 

<取引企業数>

約25,000社

 

 <拠点一覧>

東京都千代田区、埼玉県さいたま市、神奈川県横浜市、愛知県名古屋市、静岡県静岡市、大阪府大阪市、京都府京都市、兵庫県神戸市、広島県広島市

 

<HP>

外資系、年収600万円以上の転職 JACリクルートメント

 

 

特化型エージェント

特化型エージェントは金融、IT、管理部門などそれぞれの分野に特化したサービスと、第二新卒や20代など特定の年代に特化したサービスがあります。。特定の分野に特化している分、担当エージェントの知識も豊富なケースが多いため、ご自身が転職を希望している分野のエージェントには総合型のエージェントへの登録と合わせてコンタクトを取ってみると良いでしょう。

 

 

20代、第二新卒特化型 マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20’sはサービス名の通り20代、第二新卒などまだまだ様々な可能性を持った若い世代の転職に特化したエージェントです。20代、第二新卒の転職はまだまだ仕事での実績が少ないケースや、未経験職種への転職など、ほかの年齢層とは違った特徴があります。優秀な人材はすぐに転職先が決まる一方で、早期退職をした人材ということを懸念して内定がなかなかでない転職希望者の2極化が起こりやすい年代です。新卒で希望の会社に就職できずリベンジ転職をするケースや、入社した会社がイメージと違い転職をするケースなど若い世代の転職のサポートで高い実績を持っています。

 

<拠点一覧>

北海道札幌市、東京都新宿区、神奈川県横浜市、愛知県名古屋市、京都府京都市、大阪府大阪市、兵庫県神戸市、福岡県福岡市

 

 <HP>

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's

 

 

管理部門特化型 MS-Japan(MSジャパン)

MS Japanは管理部門(人事、経理、総務、法務)や士業(会計士、税理士、弁護士)の転職に特化した転職エージェントです。

 

<拠点一覧>

東京、横浜、名古屋、大阪、香港

 

<HP>

経理財務・人事総務・法務の転職なら|管理部門特化型エージェント【MS-Japan】

 

ハイクラス特化型 ビズリーチ(BIZREACH)

「こんな人材どこで!?」のCMでもお馴染みのビズリーチはハイクラスに特化した転職支援サービスを行っています。ビズリーチでは登録時に現在の年収水準を選択するのですが、その選択肢は500万円未満、500-600万円・・・5000万円以上となっています。サラリーマンの平均年収が400万円台である現在、登録年収の最低レベルが500万円未満というのはかなりのハイレベル向けの転職情報サービスということがわかります。また、現在の年収水準に応じて会員のランクが分かれるのですがその基準は750万円に設定されています。

 

<会員ランク>

750万円未満・・・タレント会員

750万円以上・・・ハイクラス会員

 

 現在年収が500万円を超えている方、ご自身のキャリアに自身のある方におすすめのサービスです。