口コミ評判・おすすめ

【同棲の便利グッズと家具家電】必要なもの、あると便利なもの

同棲の便利グッズと必要なもの【家具家電のおすすめアイテム】

この記事を書いている人

モチタケ

・資産5000万円ほどを運用する個人投資家
・趣味の個人事業で月収7桁達成
・平日は東証一部上場企業本社のファイナンス担当(転職4社目)
・投資、副業、転職などのノウハウを配信
・東京都在住、ネコが好き

【保有資格】
・日商簿記1級
・税理士試験(財務諸表論、法人税法)
・CFP(ファイナンシャルプランナー)
・TOEIC900 など

こんにちは、同棲生活を経て結婚した経験があるファイナンシャルプランナーのモチタケです。

 

さて、今回は同棲生活を始めるのにあたって必要なものや、家具家電のおすすめアイテムを紹介したいと思います。「これは!」と思うものがありましたら、ぜひ二人の新生活取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

ブックマークして後で読む

記事のブックマークは、はてなブックマークボタンからどうぞ。オンライン上にブックマークを保存して、どのデバイスからでも記事が読めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【同棲の便利グッズと家具家電】必要なもの、あると便利なもの

付き合っている二人の交際がうまくいって同棲することになると楽しみなことが多い反面、準備も色々と必要になりますね。二人で話し合いながら新しい生活に向けて楽しく準備をしていきましょう。

 

新しく買うか、持っていたものを持ち込むか

同棲生活では二人の新しい生活に向けて色々なものが必要になりますが、どちらかが一人暮らしをしていたのであればすべてを新調する必要はなく、これまで使用していたものを持ち込んでもOKです。すべてを新調するとお金もかなりかかってしまうので、二人で相談して必要なものだけは購入し、そのほかは二人で生活を始めてみてから徐々にそろえていけば良いでしょう。

 

同棲時の喧嘩は家具家電への少しの課金で防げる

同棲を始めると二人で過ごす時間が増えて楽しい一方で、お互いへの不満がたまっていくカップルもいるようです。同棲生活での喧嘩の原因で最も多いのは「家事分担」によるものです。どちらか一方だけが家事をしている状況であれば不満が貯まるのは当たり前ですね。

 

しかし、現代は便利なもので家具家電にある程度課金をすれば、家事の負担を激減させることができます。掃除機をかけるのが面倒で喧嘩になるならルンバを買えばいいですし、食器洗いが面倒なら食洗器を買ってしまえばいいのです。はじめに少し課金するだけで家事の負担が減り、二人の喧嘩の原因を無くせるとしたら安いものだと思いませんか。私も同棲をはじめるときには、いろいろな省力化家電を導入して家事の手間を最小限にすることで、喧嘩のない平和な生活を手に入れました。せっかく二人で暮らしていくことを決めたのですから、最低限の投資をして無用な喧嘩が生まれないようにしたいですね。

 

では、早速ですがおすすめの家具家電の紹介をしていきたいと思います。

 

 

<同棲生活におすすめの便利グッズ>

  • 洗濯機【同棲なら乾燥機付きがおすすめ】
  • 食洗器、食器洗い乾燥機【同棲中の喧嘩を防ぐ】
  • フライパン、鍋【食洗器に入る取っ手が取れるタイプをおすすめ】
  • 照明、シーリングライト【調光、調色機能付がおすすめ】
  • ベッド【収納付き、シングル2台がおすすめ】
  • カーテン【好きなデザインを一緒に選ぼう】
  • 共有の銀行口座、共有のクレジットカード【生活費の分担用】

 

 

洗濯機【同棲なら絶対乾燥機付の洗濯機にしよう】

同棲をはじめると当たり前ですが、洗濯物の量が単純に2倍になります。これまで使用していた洗濯機が一人暮らし用の容量が小さいものの場合、洗濯回数が2倍になってしまうので、これが実は結構な手間になります。

 

慣れない同棲生活の中で、家事の手間が増えると喧嘩の原因にもなりがちなので、できれば洗濯機はできれば新調したいところですね。

 

とはいえ、洗濯機も新調するとなると安くはない買い物になるので、同棲開始時にはどちらかが持っていた洗濯機を持ち込んで、同棲生活をはじめてから二人で新しい洗濯機選ぶというやり方もアリだと思います。

 

洗濯機を選ぶときのポイントがよくわからない方のために、洗濯機を選ぶときの基準を以下にまとめてみました。

 

 

<洗濯機を選ぶ時のポイント>

  • 容量は7kg以上、できれば10kg以上の大きめサイズを選ぶと洗濯回数が減って楽
  • 乾燥機能付きなら洗濯物を干す手間がなくなり、喧嘩の原因を減らせる
  • 乾燥機能は縦型よりドラム式の方が圧倒的に良く乾く
  • 値段は縦型よりドラム式の方がやや高めの価格設定
  • ドラム式洗濯機は乾燥時の消費電力が少なく、洗濯時の水の使用量も少ないので、長く使うほど縦型よりドラム式洗濯機がお得
  • ドラム式洗濯機はサイズが大きいので、搬入経路や防水パンのサイズに注意
  • どこの店が最安値かは時期によって変わるが、楽天内のビックカメラやヤマダ電機はほぼ最安値

 

洗濯物の量は1日一人1.5kgが目安と言われています。二人なら一週間で21kgですね。同棲時に洗濯機を購入するときのサイズの目安としては7キロkg以上はほしいところです。できれば10kg以上のものを購入しておくと洗濯の回数が減って手間が削減できますし、結婚した場合も使えるのでおすすめです。

 

また、同棲をする場合には乾燥機能が付いた洗濯機を選びましょう。乾燥機能が付いた洗濯機ならスイッチを押すだけで洗って乾かされた洗濯物がでてきます。洗濯機を回して洗い終わるまで待つ時間や、細々したタオル・下着・靴下などを干す手間から解放されて、喧嘩の原因を一つ取り除くことが可能です。

 

乾燥機能が付いた洗濯機は縦型タイプとドラム式タイプがありますが、おすすえはドラム式タイプです。

 

価格帯はドラム式タイプの方が少し高めですが、乾燥機能が圧倒的に優れています。縦型は洗濯物が積み重なるので下の方の洗濯物が乾きにくいのですが、ドラム式は洗濯物を縦にかくはんして空気を含ませながら乾かすので本当によく乾きます。

 

結果として、ドラム式洗濯機の乾燥機能の方が縦型よりも省エネで電気代が節約できます。また、ドラム式洗濯機は縦型洗濯機に比べて水の使用量も少ないので、ドラム式洗濯機は初期投資は少し高いものの長く使えば使うほどお得になります。

 

ドラム式洗濯機はサイズが大きいので、自宅の洗濯機置き場に入るか、搬入経路に問題ないかには気をつけましょう。

 

比較的最近の家であれば、ドラム式洗濯機の搬入を考えた設計になっていることが多いですが、築年数の古い家の場合には寸法をよく測っておきましょう。心配な場合には、購入・搬入をしてみて、万一入らなければ返品できるショップも多いので購入時に確認してましょう。

 

また、購入するときにはできるだけ最安値で買いたいですよね。家電は本当に売り場がたくさんあるので、最安値の店を探すのは大変なのですが、楽天市場の中の楽天ビック(ビックカメラ×楽天)か、ヤマダ電機楽天市場店がたいてい最安値を出しています。(この2店舗は他店の値段をチェックして対抗しているからですね。)

 

時期によってまれに他店で最安値が出ているかもしれませんがほとんど大差はないので、楽天ビック(ビックカメラ×楽天)か、ヤマダ電機楽天市場店で購入すれば高値掴みのリスクはほぼなく安心して購入できます。

 

日立 11.0kg ドラム式洗濯乾燥機 BD-SV110EL(17~20万円前後)

機能と価格のバランスとコスパを重視したい方はこちら。洗濯容量11kg、乾燥容量6kgで二人暮らしでも余裕のある容量で、洗濯回数を減らして手間が削減できます。日立はドラムが大きいので乾燥機能が優れていて、「風アイロン」という洗濯物のしわを伸ばす機能も付いています。サイズ的に搬入ができるのであればぜひおすすめです。

 

日立 11.0kg ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム BD-SX110EL(21~24万円前後)

洗剤自動投入機能で更に手間を省きたい方はこちらがおすすめです。洗剤自動投入機能は最初、パナソニックが開発した機能ですが、パナソニックのドラム式洗濯機で洗剤自動投入機能が付いたものはちょっと値段が高いですね。日立の方がおすすめ。

 

シャープ ドラム式 洗濯乾燥機 洗濯7kg 乾燥3.5kg ES-S7E-WL(15~16万円前後)

とにかく同棲の初期費用を抑えたい方には、ドラム式洗濯乾燥機最安値級のこちら。容量は洗濯7kg、乾燥3.5kgとやや小さめで、容量が小さいと乾燥機の乾き具合にも影響がでます。あと少し資金を捻出すれば、容量に余裕がある10kg以上のものも買えるので、悩ましいところです。

 

<各社洗濯機ラインナップページ>

日立 洗濯機ラインナップ

シャープ 洗濯機ラインナップ

パナソニック 洗濯機ラインナップ

 

食洗器、食器洗い乾燥機【同棲中の喧嘩を防ぐ】

食器洗乾燥機は食後の面倒な片づけを一手に引き受けてくれる同棲生活の必須アイテムです。彼氏が食事の後片付けをやってくれないと悩んだりイライラする前に、彼氏に頼んで買ってもらいましょう。一発で解決です。

 

しかも、食器洗い乾燥機は食器洗い時の水道代や、お湯を出すためのガス代の節約にもなるのをご存じでしょうか。

 

手洗いでは水を出しつづけて洗うのに対し、食洗器は槽内で水を循環させて洗うので、使用する水が圧倒的に少なくなります。食器洗い乾燥機を導入すれば家事の時間を削減できるだけでなく、水道光熱費の削減だけでも実は十分に導入費用を回収できてしまうのです。

 

<食器洗い乾燥機 導入のメリット>

  • 楽。本当に圧倒的に楽。洗い物は食洗器に任せて、二人の時間を過ごしましょう。
  • 洗い物にかかる水道代、お湯を出すガス代が削減で本体台は十分回収できる
  • 食洗器は60~80度のお湯で洗うので、熱殺菌により食器が清潔
  • 水仕事がなくなるので手荒れしなくなる

 

食洗器は工事をしてキッチンにはめ込むタイプのビルトイン型と、水道をつなぐだけ(水道をつながなくて良いタンク式もあります)でOKの据え置き型(卓上型)の2種類があります。これから同棲をはじめる二人であれば基本的に据え置き型(卓上型)を選択することになります。

 

おすすめはパナソニック食器洗い乾燥機【プチ食洗 NP-TCM4-W】(4~5万円前後)

 

実は据え置き型の食器洗い乾燥機は商品を出しているメーカーが少なく選択肢が非常に限られています。その中でおすすめはパナソニックの食器洗い乾燥機で3人分の食器が洗えるこちらのタイプです。水道への取り付けも購入した家電量販店や水道業者に頼めば、簡単にできますよ。

 

口コミを見ればわかると思いますが、食器洗い乾燥機を導入した人は皆さん「もっと早く導入すれば良かった。。」「革命が起きた」と言っています。もう人間には洗い物などしている暇はありません。

 

<パナソニック 食器洗い乾燥機 プチ食洗 NP-TCM4-Wの口コミ>

【Amazon】パナソニック 食器洗い乾燥機 プチ食洗 NP-TCM4-Wの口コミ

 

 

食洗器に給水する分岐水栓が必要(5000円前後)

水道を分岐させて食洗器に水を供給するための水道分岐栓です。ご自宅の水道に合った型の分岐水栓が必要になるので、下記リンクを参考に分岐水栓の選んでください。

 

<食洗器の取付方法・分岐水栓の選び方>

パナソニックHP 食器洗い乾燥機カンタン設置

 

 

食器洗い乾燥機の純正設置台は高いので不要(3000円前後)

食器洗い乾燥機設置用の台がパナソニックから出ていますが、ただの台なのに3000円くらいと高いので買う必要ないです。

 

 

食洗器の台はアイリスオーヤマのメタルラックで代用(1500円前後)

食洗器を乗せる台はコチラで代用しましょう。錆びないし安いです。

 

 

アイリスオーヤマのメタルラックポール(200円前後)

ポールは好きな設置場所に応じた高さのものをお選びください。

 

 

工事不要タイプならアイリスオーヤマISHT-5000-W(3万円前後)

パナソニック以外の選択肢はアイリスオーヤマの食器洗い乾燥機で3人分の食器が一度に洗えます。タンクに水を入れて使用するタイプで、水道工事が不要なのがメリットです。水道工事の手間は省けますが、毎回タンクに水を入れるのは多少手間ですね。

 

 

食器洗い乾燥機はこれだけで一日の家事の時間を15分位のレベルで削減できる圧倒的時短家電です。毎月8時間程度は時短になるので、時給1500円で考えても12000円/月の価値がありますね。

 

これがあるのとないのでは同棲生活での喧嘩の発生確率は全く違うはずです。相手の家事不精に不満を抱く前に導入しましょう。購入時に設置場所のサイズだけは事前に計って、置きたい場所におけるかは確認しておきましょう。

 

 

フライパン、鍋【食洗器に入る取っ手が取れるタイプをおすすめ】

フライパンを選ぶときのおすすめポイントは以下の通りです。

 

<フライパンを選ぶときのポイント>

  • 取っ手が取れるタイプだと収納しやすい
  • 食洗器に入る小さ目がおすすめ
  • 食材がくっつきにくいもの(洗うのが楽)
  • 自宅がIHの場合はIH対応可否を確認

 

取っ手が取れるタイプのフライパンや鍋は重ねて収納することができるので、スペースが限られたキッチンでも効率よく収納することができます。また、鍋やフライパンのサイズが小さめなら食洗器にも入ります。

 

 

アイリスオーヤマ フライパン 鍋 セット ガス火/ IH対応 6点 お手入れ簡単(5000円前後)

アイリスオーヤマの人気キッチン用品シリーズでAmazonのカテゴリでも1位になっています。(本記事執筆時)食材がくっつきにくいダイヤモンドコートが施してあり、取っ手が取れるタイプなので重ねて収納することができます。推奨されているかはわかりませんが、サイズ的には食洗器に入るのでいつも私は食洗器に入れて洗っています。こびりつきにくい素材なので、食洗器できれいに洗えますよ。IHにも対応しています。

 

 

ティファール フライパン 鍋 9点 セット IH対応(1.5~2万円前後)

取っ手が取れるタイプの本家はティファールですが、鍋の点数が多く価格帯も若干高めです。こだわりがある方はティファールも良いと思いますが、同棲生活にはこんなにいらないかもしれません。鍋自体は私も使ったことがありますが、食材がくっつきにくく非常に高品質です。

 

 

照明、シーリングライト【調光、調色機能付がおすすめ】

買うのを忘れがちなのが天井に付ける照明(シーリングライト)です。シーリングライトは調光・調色機能が付いたものがおすすめです。

 

調光とは明るさの調整ができること、調色とは白い蛍光灯風の色とオレンジの白熱電球風の色に調整できる機能のことを言います。朝の起きるタイミングや勉強するときには白い蛍光灯色で明るく、夜の就寝前はオレンジの白熱電球風の色で明るさを落として生活するといいですね。

 

 

アイリスオーヤマ LED シーリングライト 調光 調色 タイプ ~8畳 CL8DL-5.0CF(6~8000円前後)

調光・調色機能が付いたシーリングライトで最安値級の商品です。調光は10段階、調色は11段階から調整することが可能です。また、おやすみタイマー機能で徐々に暗くしたり、点灯タイマー機能で設定して置いた時間に自動点灯させることができます。特に点灯タイマー機能を朝の起床時間に設定しておくと、朝起きるのが断然楽になるのでおすすめです。

 

 

パナソニック LEDシーリングライト 調光・調色タイプ ~6畳 HH-CD0620AZ (6~8000円前後)

パナソニックでもほぼ同等の商品が販売されています。調光、調色機能が付いていて、価格帯も同じくらいですが、こちらは点灯タイマー機能(設定した時間に自動で点灯させる)がありません。朝起きるのが断然楽になる点灯タイマーが不要なら、こちらでもいいと思います。

 

 

ベッド【収納付き、シングル2台がおすすめ】

ベッドは毎日睡眠で長い時間を過ごす大切な場所です。二人が別々に住んでいた時はたまにお泊りデートで狭いベッドに一緒に寝たのもいい思い出になっているかもしれませんが、同棲をはじめると毎日一緒に寝ることになるのである程度余裕のあるサイズを置くようにしたいものです。

 

まずはベッドの基本的なサイズを頭に入れておきましょう。

 

<ベッドの基本的なサイズ>

ベッドサイズ寸法
セミシングル長さ195cm×幅70cm~98cm程度
シングル長さ195㎝×幅98cm
セミダブル長さ195㎝×幅120cm
ダブル長さ195㎝×幅140cm
クイーン長さ195㎝×幅160cm
キング長さ195㎝×幅180cm

 

セミシングル(長さ195cm×幅70cm~98cm程度)

セミシングルは人一人が寝るには一番小さいサイズで、主に子供や小柄な女性、部屋が狭くてベッドスペースが十分に取れない場合に向いているサイズです。使用するケースが限定的なので、商品ラインナップの中にセミシングルがないベッドも多くあります。

 

シングル(長さ195㎝×幅98cm)

大人一人が寝るのに最も一般的なサイズです。商品ラインナップも一番多いですね。

 

セミダブル(長さ195㎝×幅120cm)

シングルより少し余裕のあるサイズのベッドです。大柄な男性や一人でゆったり寝たいタイプの人に向いています。二人で毎日寝るには少しせまめです。

 

ダブル(長さ195㎝×幅140cm)

二人で寝る用のベッドとしては一般的なベッドです。勘違いしやすいのですがダブルはシングルを2つ並べたサイズよりはずいぶん小さい幅になっています。これまでお互いにシングルベッドで寝ていたとしたら、ダブルで一緒に寝るのは少し狭く感じるかもしれませんね。

 

クイーン(長さ195㎝×幅160cm)

クイーンはダブルより幅に余裕を持たせたサイズのベッドです。このサイズであれば二人が毎日一緒に寝ても窮屈感はないでしょう。ただ、部屋への搬入は大変かもしれません。

 

キング(長さ195㎝×幅180cm)

シングルを横に二つ並べたのとほぼ同じ大きさですね。キングサイズになると商品ラインナップが少ないのと、部屋への搬入が困難だったり、部屋によっては入りきらないケースもあります。

 

同棲のおすすめのベッドサイズと組み合わせ

同棲生活におすすめのベッドの組み合わせを①~⑤までご紹介します。

 

①シングル×2

同棲にもっともおすすめのベッドサイズの組み合わせはシングルベッドを2台並べることです。シングルベッドを2台並べることで、十分な広さが確保できるのでお互いにストレスなく眠ることができます。また、ベッド同士が別々なので、お互いの寝ているときの振動が伝わらないのでぐっすり眠れます。(夜中に相手の振動で起きてしまうのは案外ストレスになるものです。)また、毎日一緒に寝るのが慣れなくて別室で寝たくなった場合には、ベッドを1台ずつ移動させることができるのもメリットです。

 

②ダブル×1

ダブルサイズのベッド1台というのも二人で寝るのには一般的なサイズなので特に問題ないでしょう。ただ、ダブルサイズのベッドだと寝ているとの振動が相手に伝わるので、そこが気になるかどうかがチェックポイントです。特に就寝時間が違うカップルは要注意です。

 

③セミシングル×2

セミシングル2台の組み合わせは、相手に振動が伝わらなかったり、1台ずつ移動させることができるので、臨機応変な対応が可能です。デメリットとしては、セミシングルサイズは商品ラインナップが少ないことでしょうか。

 

④クイーン×1

クイーンサイズのベッドは二人でゆったり寝ることができますね。やはり睡眠時の振動問題があるので、それ次第かと思います。

 

⑤セミダブル×1

セミダブル1つだと毎日一緒に寝るには少し狭いですね。小柄なカップルなら問題ないかもしれませんが、寝返りができそうか実際に店舗で寝てみると良いでしょう。

 

おすすめのベッド

ニトリ シングルベッドフレーム ヴァイン(3万円前後)

ニトリの収納付きベッドです。収納付きベッドは、限られたスペースを有効活用できるのでお勧めです。ニトリは値段が安くて品質も安心です。

 

 

ニトリ シングルベッドフレーム OPグラン(6万円前後)

予算に余裕がある方はガス跳ね上げ式もいいですね。収納力、収納のしやすさがかなり違います。

 

 

コフレ ベッドフレーム(12000円前後)

少しでも安いものを、という方にはこちら。正直、ベッドフレームは寝心地にあまり影響しないので、安いものでも特に問題ありません。収納力もかなりあるのはおすすめポイントです。

 

 

カーテン【好きなデザインを一緒に選ぼう】

同棲開始にあたって引越しをするのであれば、窓につけるカーテンは必須ですね。カーテンを選ぶときのポイントは以下の通りです。

 

<カーテン選びのポイント>

  • カーテンの種類は大別すると厚手カーテン(ドレープカーテン)とレースカーテン
  • 採光したい窓には厚手カーテン+レースカーテン
  • 採光が不要な窓なら厚手カーテンのみでもOK
  • カーテンを左右両方にあける2枚方式か、左右片側にあける1枚方式かを決める
  • 厚手カーテンは遮光レベルが高いものがおすすめ

 

 

<カーテンサイズの選び方>

カーテンのサイズは窓の大きさに合わせて選びます。カーテン幅は窓についているカーテンレールの幅×1.05~1.15、カーテンの高さはカーテンレールのフックから床までの高さ-2cmが目安になります。

 

・カーテンの幅:カーテンレールの幅×1.05~1.15が目安

・カーテンの高さ:カーテンレールのフックから床までの高さ-2cmが目安

 

 

<カーテンの機能>

カーテンには室内での生活を快適にするためにいろいろな機能があります。高機能なカーテンほど値段が張るので、必要な機能がそろうものを選んでいくようにしましょう。

遮熱機能外からの熱を遮る機能です。夏は外からの熱が入りにくく、冬は冷気が入りにくいので、冷暖房の効率が良くなります。
防炎機能燃えにくい加工が施されたものです。
ミラー機能
(主にレースカーテン)
日中、太陽光を反射して室内を見えづらくする機能でプライバシーを守ります。光を反射するので紫外線もカットできます。
遮光機能
(主に厚手カーテン)
主に厚手カーテンの機能で外からの光をカットします。朝寝坊をしたい場合や、昼間に寝る不規則な生活の方には必須の機能です。光のカットレベルによって1級~3級に分かれます

【1級】遮光率99.99%以上。人の顔の表情が識別できないレベル
【2級】遮光率99.80%以上99.99%未満。人の顔、あるいは表情がわかるレベル。
【3級】遮光率99.40%以上99.80%未満。人の表情はわかるが、事務作業には暗いレベル。

遮音機能
(主に厚手カーテン)
カーテン生地の裏面に樹脂コーティングが施されており、室内からの音漏れを防ぐと戸のも、外からの騒音を軽減することができます。
遮像機能
(主にレースカーテン)
明かりをつけても室内のシルエットが映りにくく、プライバシーを守ることができる機能です。
採光機能
(主にレースカーテン)
光を通しやすいため、室内が明るくなります。

 

おすすめのカーテンをニトリからご紹介

豊富なラインナップ、機能性と価格のバランスでおすすめのニトリからおすすめのカーテンをご紹介します。

 

<レースカーテン>

【遮熱、ミラー】レースカーテン(1800円前後 ※100cm×108cm×2枚)

冷暖房効率を重視したい方はこちらをどうぞ。

 

 

【防炎、ミラー】レースカーテン(1800円前後 ※100cm×108cm×2枚)

火災リスクを減らしたい方や、キッチンのカーテンにはこちらをどうぞ。

 

 

【遮熱、遮像、採光】レースカーテン(2800円前後 ※100cm×108cm×2枚)

予算に余裕がある方はこちらの高機能レースカーテンをどうぞ。

 

 

<レースカーテン>

遮光2級 カーテン(ドレープカーテン)(2800円前後 ※100cm×110cm×2枚)

おすすめの遮光機能が付いた厚手カーテンです。

 

 

遮光1級 カーテン(ドレープカーテン)(2800円前後 ※100cm×110cm×2枚)

遮光機能を強化した1級が付いた厚手カーテンです。

 

 

遮光1級・遮熱・防炎 厚手カーテン(ドレープカーテン)(4500円前後 ※100cm×110cm×2枚)

遮光機能に加えて遮熱、防炎機能が付いたタイプです。

 

 

共有の銀行口座、共有のクレジットカード【生活費の分担用】

同棲を始めると家賃や食費など二人共通の出費がいろいろ発生してきます。別々に住んでいた時は、デートをするたびに割り勘にしたり、どちらかがまとめて出したりしていたかもしれませんが、共通の出費が増えてくると何かと面倒です。

 

そこであると便利なのが二人共有の銀行口座です。実際には共有名義の銀行口座は作れないので、どちらかの名義で作ることになるのですが、そこに入っているお金は二人の共通のお金ということで二人の約束にしておけばいいのです。

 

毎月決まったタイミングで、二人同額か、決まった割合(彼氏6:彼女4、など)のお金を共有の銀行口座に入れて、家賃などの共通費用を共有の銀行口座から引き落としていきます。

 

また、スーパーでの買い物や外食の費用などは銀行から直接引落ができないので、共有のクレジットカードも作っておくと便利です。

 

クレジットカードの引落口座を二人共通の銀行口座にしておけば、毎回面倒な割り勘をしなくても、共通のクレジットカードで支払うだけでお金の分担ができます。また、クレジットカードの利用明細をお互いが見れるようにパスワードを二人で共有しておくと、相手が無駄遣いしていないかをみることもできるので安心です。

 

実際には相手の利用明細を見ることはあまりないかもしれませんが、「相手が見れる状態になっている」という透明度の高さが二人の信頼感に繋がりますよ。

 

<家賃や生活費の分担に便利な共有の銀行口座、クレジットカード>

同棲中の喧嘩を防ぐお金と生活費の管理方法

 

共有の銀行口座に使うのは住信SBIネット銀行一択

世の中に銀行はたくさんあるので、共有の銀行口座に使用するのはどこの銀行が良いか迷ってしまうかもしれませんが、現状共有の銀行口座に適した条件を満たしているのは住信SBIネット銀行だけなので、口座開設して共有口座に使うと良いでしょう。

 

住信SBIネット銀行は、口座開設が無料で、入出金に係る手数料も無料(2~15回)、また家賃や光熱費の引落に対応している機関の多さを考慮すると、共通の銀行口座に使うのは住信SBIネット銀行一択になります。

 

住信SBIネット銀行は、定額自動入金という機能があり、毎月決まった日に一定額を住信SBIネット銀行に無料で入金させることができます。あなたがもし三菱UFJ銀行を給料の受取口座にしているのであれば、三菱UFJ銀行から住信SBIネット銀行に無料で送金をすることが可能です。他の銀行の多くは他行から入金させるのに手数料が掛かるので、やめておいた方がいいです。

 

<住信SBIネット銀行 定額自動入金サービス>

定額自動入金サービス | 振込・振替・支払 | NEOBANK 住信SBIネット銀行
住宅ローン、カードローン、円預金、外貨預金やSBI 証券連携サービスなど、住信SBIネット銀行の商品・サービスをご紹介します。

 

また、共通の銀行口座として住信SBIネット銀行を使用していてお金を出したくなった場合は、月2~15回(利用状況によって変わる)まで振込手数料が無料です。これによって、住信SBIネット銀行は入金も出金も完全に無料で行うことができるので、二人の便利な割り勘システムを無料で構築することができます。

 

<住信SBIネット銀行 振込手数料>

スマプロランクについて | スマートプログラム | NEOBANK 住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行のスマートプログラムにおけるランクの優遇内容について。サービスのご利用に応じてランク判定を行い、ランクに応じた優遇を適用します。

 

 

家具家電を買う前に同棲する部屋の間取りを測る

家具家電を買う前にやっておきたいのが二人が住む部屋の間取り、サイズの測定です。サイズの測定をせずに家具家電を購入してしまうと、「思っていたより部屋が狭くなってしまった」ということや、「部屋に家具家電が入らない」ということになってしまいます。最低限以下の場所は、メジャーなどを使ってサイズを測っておきましょう。

 

<部屋のサイズ測定等をする場所>

  • 部屋の間取り(1K、1LDK、2DKなど)
  • 玄関の大きさ、寸法(家具家電の搬入可否に関係)
  • 廊下の大きさ、寸法(家具家電の搬入可否に関係)
  • 扉の大きさ、寸法(家具家電の搬入可否に関係)
  • 部屋の大きさ、寸法(家具家電の配置に関係)
  • 天井の高さ
  • 洗濯機置き場の大きさ、水道の蛇口の高さ、コンセントの位置
  • 冷蔵庫置き場の大きさ、コンセントの位置(家電の配置に関係)
  • 窓の数と大きさ(カーテンの必要枚数と大きさに関係)
  • テレビのアンテナ線の位置(テレビの置き場所に関係)

 

 

まとめ:【同棲の便利グッズと家具家電】必要なもの、あると便利なもの

二人にとって新生活となる同棲は楽しみな反面、これまで別々に生活していた二人が一緒に暮らすのですから不安なことも多いものです。

 

同棲を開始するときは何かと出費も多くて大変ですが、正しいところにお金をかけておくことで同棲中の喧嘩が防げたり、二人の関係を深めるのを後押しさせることができます。こちらの記事を参考にして、皆さんが楽しい同棲生活を送られることを祈っています。

 

タイトルとURLをコピーしました