アンティカ・オステリア・デル・ポンテー丸の内でミシュラン三ッ星イタリアンの味を

知人からレストランの招待チケットを頂いたので、東京丸の内の丸ビル最上階にある「アンティカ・オステリア・デル・ポンテ」さんでランチを頂きました。

 

アンティカ・オステリア・デル・ポンテのミラノ本店は1990年イタリアで2番目に早くミシュランガイドの三ッ星を獲得したレストランです。そのミラノ最高峰のレストランの味を東京で楽しめるとのことで大変楽しみにしていました。

 

 

【アンティカ・オステリア・デル・ポンテ】丸の内でミシュラン三ッ星イタリアンの味を

 

 お店は東京丸の内、丸ビル最上階の36階にあります。

アンティカ・オステリア・デル・ポンテ。丸ビル

 

高層階専用エレベーターで36階へ向かいます。

アンティカ・オステリア・デル・ポンテ。エレベーター

 

お店の入り口は高級マンションのエントランスみたいですね。期待が高まります。

アンティカ・オステリア・デル・ポンテ。エントランス

アンティカ・オステリア・デル・ポンテ。表彰

 

席からは東京の絶景が見えます。時折、東京駅に入っていく新幹線が見えるのが面白いですね。今回はランチで利用したのですが、ディナーで利用すると夜景も素晴らしいと思います。

アンティカ・オステリア・デル・ポンテ。窓からの景色

 

本日、頂いたメニューがこちら。コースの内容についてスタッフが丁寧に説明をしてくれます。食材の産地の説明のときに「鹿児島産のカンパチのパスタ」という言い方ではなく、「鹿児島から届きました、カンパチを使ったパスタでございます。」という言い回しをしていたのが印象的でした。言葉の使い方の違いだけですが、厳選した食材を使われているように思いました。前菜、メイン、デザートのコースです。

アンティカ・オステリア・デル・ポンテ。本日のメニュー

 

最初の前菜はフリーズドライにした野菜とコンソメゼリー。スプーン状の食器に一口サイズの大きさで調理されています。フリーズドライの野菜は触感が残っていてとてもおいしい。

アンティカ・オステリア・デル・ポンテ。前菜

 

二つ目の前菜はかぼちゃのムース。

アンティカ・オステリア・デル・ポンテ。前菜②

 

鹿児島から届いたカンパチのカマを使ったパスタ。ソースはトマトソースで、形が残ったトマトも添えてありますが適度な酸味が良かったです。パスタは細麺を使っていますが、アルデンテでゆでられていてちょうどよい歯ごたえが残っています。盛り付けも見事な一品。

アンティカ・オステリア・デル・ポンテ。カンパチのカマを使ったトマトパスタ

 

メインはオーストラリア産サフォーク種の仔羊ランプ肉。低温調理した後に表面を香ばしく焼き上げています。ソースはペースト状にしたニンジンのソース。低温調理しているため、肉が固くならずナイフもスムーズに入ります。

アンティカ・オステリア・デル・ポンテ。メインの仔羊

 

デザートはカスタードクリーム状のムース、クッキー、コーヒーゼリーなどが層を重ねているもので、表面に細かくしたチョコレートのチップが掛かっています。まずは、そのまま食べて楽しんだ後に、全体を適度に混ぜて食べます。コーヒーゼリーの苦みのおかげで甘くなりすぎず、すっきりした後味です。

アンティカ・オステリア・デル・ポンテ。デザート

 

普段はなかなか行けるお店ではありませんが、一流のサービスに触れることで貴重な体験をすることができました。ごちそうさまでした。

 

店舗情報

店名 アンティカ・オステリア・デル・ポンテ
住所 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 36F
アクセス JR 東京駅 丸の内南口 徒歩2分
定休日 なし
支払 クレジットカード利用可
喫煙/禁煙 完全禁煙

 

食べログ

【アンティカ・オステリア・デル・ポンテ】丸の内でミシュラン三ッ星イタリアンの味を