おすすめ・口コミ評判

大阪の外壁塗装おすすめ優良業者と口コミ評判【大阪市の助成金は?】

大阪の外壁塗装おすすめ優良業者と口コミ評判【大阪市の助成金は?】

今回は「大阪の外壁塗装おすすめ優良業者と口コミ評判【大阪市など助成金は?】」ということで、大阪で外壁塗装優良業者を探すのにおすすめの一括見積サイトについてまとめました。

 

外壁塗装は10年~15年に一回しかやらないメンテナンスなので、塗装業者の探し方や塗料の種類など、必要な知識があまりない方がほとんどではないでしょうか。

 

とはいえ、工事費が100万円を超すことも多い高額のリフォームであり、大阪に限らず全国各地で外壁塗装や屋根塗装に関するトラブルは非常に多くなっています。

 

本記事では、大阪の外壁塗装業者のおすすめの探し方に加えて、外壁塗装の費用相場、塗料の種類、大阪の外壁塗装に掛かる助成金などについてもまとめていますので、これから外壁塗装工事を使用という方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

ブックマークして後で読む

記事のブックマークは、はてなブックマークボタンからどうぞ。オンライン上にブックマークを保存して、どのデバイスからでも記事が読めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪の外壁塗装おすすめ優良業者と口コミ評判【大阪市など助成金は?】

大阪の外壁塗装の優良業者は一括見積サイトで探す

大阪で外壁塗装の優良業者を探す場合はどのようなやり方で塗装業者を探せばよいのでしょうか。

 

一般の方が塗装業者を探す方法は大きく分けて3つあります。

 

<塗装会社の探し方>

  1. 知り合いの塗装業者に頼む【知り合いがいれば】
  2. 自分でネットや電話帳を使って塗装業者を探す【難しいかも】
  3. 一括見積サイトで塗装業者を探す【普通の人にはおすすめ】

 

①知り合いの塗装業者に頼む【知り合いがいれば】

知り合いに塗装業者の方がいる場合は、その方に頼むんだり、その方の紹介の塗装業者に頼むのが信頼性が高くおすすめです。知り合いの業者であれば、価格や工事内容について優遇してくれるかもしれませんね。

 

 

②自分でネットや電話帳を使って塗装業者を探す【難しいかも】

知り合いに塗装業者がいなければ自分でネットや電話帳などを使って塗装業者を探すことというやり方があります。

 

しかし、大阪の各市区町村をはじめ、地域の塗装会社は規模があまり大きくないケースが多く、その場合はHPを持っていなかったり、HPから問い合わせをしても連絡が返ってこないことがあります。

 

塗装会社はいわゆる現場作業の仕事なので、ネットでの仕事の受注など対応が遅れているところも多く、自分で探すのはかなり労力を使うかもしれません。

 

 

③一括見積サイトで塗装業者を探す【普通の人にはおすすめ】

ほとんどの方にとって外壁塗装の優良業者を探すには、外壁塗装の一括見積サイトを使うのがおすすめです。

 

外壁塗装の一括見積サイトを使えば、一度情報を入力するだけで、地域の工事対応可能な複数の塗装業者から一括で見積を取得することができます。

 

一括見積サイトは、自サイトのサービス向上のため、優良な塗装会社と数多く提携しようとしているため、一括見積サイトを経由して塗装会社を探すことで、自分のニーズに合った塗装会社を見つけることができる可能性が高くなります。

 

また、複数の塗装会社から見積書を取得することで、塗装会社ごとの工事内容や金額、営業マンの質などを比較することができるので、情報を吟味して発注する塗装会社を選ぶことができます。

 

 

大阪で優良外壁塗装会社が探せるおすすめ一括見積サイト

大阪で優良外壁塗装会社が探せるおすすめ一括見積サイト

大阪で外壁塗装を頼める優良塗装業者を探す際に、おすすめの一括見積サイトと利用方法をご紹介します。

 

ネットで検索すると外壁塗装業者を探せる一括見積サイトはたくさんありますね。

 

しかし、外壁塗装一括見積サイトの中には、サイトのメンテナンスがされていない一括見積サイトや、審査をせずに悪質な塗装業者を紹介されることもあるサイト、など玉石混交な状態になっていますので、以下を参考にしっかりしたサイトで一括見積を依頼するようにしましょう。

 

 

大阪の優良塗装会社探しにおすすめの一括見積サイトと利用方法

外壁塗装の優良塗装会社を探すときは、以下の手順で一括見積サイトを利用すると良いでしょう。

 

①外壁塗装に関する費用相場診断を受ける

外壁塗装の一括見積を出す前に、まずはお住まいの地域での外壁塗装工事の費用見積もりを把握しましょう。そうすることで、不当に高額な工事費の業者と契約してしまうミスを防ぐことができます。

 

ヌリカエの費用相場簡易診断(チャットロボ)を使うと、簡単に費用相場を把握することができるので、外壁塗装業者探しの前にまずはこちらを利用するのがおすすめです。

 

 

 

②外壁塗装の一括見積で見積書を比較する

外壁塗装の大まかな費用相場が分かったら、実際に見積もりを取って塗装会社ごとの工事内容や工事代金を比較してみましょう。工事業者の品質や手抜き工事を防ぐ仕組みを整えている外壁塗装パートナーズや、塗装会社の口コミや評判を公開しているプロヌリであれば安心して利用できると思います。

 

 

 

<大阪で使える外壁塗装一括見積サイトおすすめ3選>

ヌリカエ外壁塗装パートナーズプロヌリ
対応地域全国全国全国
加盟社数約2.000社約700社約700社
最大紹介社数4社3社4社
日程調整代行×
業者へのお断り代行
利用者口コミ掲載×
公式サイト外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】日本で唯一、建築士が運営する外壁塗装一括見積サイト「外壁塗装パートナーズ」外壁塗装、屋根塗装の一括見積【プロヌリ】

 

 

ヌリカエ【費用相場のチャット診断が便利】

ヌリカエは、外壁塗装をはじめとするリフォームに対応できる優良業者を紹介する一括見積サイトで、約2000店の加盟店の中から利用者の地域で施工が可能な優良業者を最大4社紹介してくれます。

 

ヌリカエのサイトから無料でできる外壁塗装の費用相場簡易診断(チャットロボ)が便利なので、これから外壁塗装を検討するという方は、まずはヌリカエで大阪などの住んでいる地域での費用相場を把握すると良いと思います。

 

 

<ヌリカエのサービス概要>

ヌリカエ
対応地域全国
加盟社数約2.000社
最大紹介社数4社
日程調整代行×
業者へのお断り代行
利用者口コミ掲載
公式サイト外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

 

 

<ヌリカエの特徴>

  • 利用料は完全無料で、2000店以上の加盟店の中から最大4社を紹介
  • 外壁塗装や解体工事など様々なリフォーム工事の業者探しに対応
  • サイト利用者の口コミや評価を見ることができる
  • 外壁塗装で助成金額でる市区町村をまとめたページが便利
  • 外壁塗装や屋根塗装の費用相場簡易診断(チャットロボ)が便利
  • 外壁塗装、リフォーム専門の相談員に相談できる
  • 利用は完全無料

 

 

<ヌリカエの利用の流れ>

ヌリカエの費用相場簡易診断を利用するには、ヌリカエのサイトからチャットロボの質問に答えていけばOKです。ヌリカエでは、外壁塗装業者に一括見積を依頼する場合でも、まずは費用相場簡易診断を行い、その後にヌリカエとのやり取りで見積を依頼します。

ヌリカエの外壁塗装費用相場診断(大阪)の利用方法

 

 

<ヌリカエ公式サイト>

 

 

外壁塗装パートナーズ【建築士運営で加盟業者・工事の質が高い一括見積サイト】

外壁塗装パートナーズは、建築士資格を保有する社長が運営する外壁塗装一括見積サイトで、登録する塗装会社に対して、厳しい審査を行っていたり、施工の品質に関するルールを守らせるなど、工事の品質に徹底的にこだわっている一括見積サイトです。

 

また、外壁塗装パートナーズに登録している加盟店はすべて自社施工の塗装業者のため、余計な中間マージンを取られることなく、割安な見積もりが出る可能性が高くなっています。

 

たくさんある外壁塗装の一括見積サイトの中でも、今のところは一番質が高い業者を見つけることができる一括見積サイトだと思っています。

 

 

<外壁塗装パートナーズのサービス概要>

外壁塗装パートナーズ
対応地域全国
加盟社数約700社
最大紹介社数3社
日程調整代行
業者へのお断り代行
利用者口コミ掲載×
公式サイト日本で唯一、建築士が運営する外壁塗装一括見積サイト「外壁塗装パートナーズ」

 

 

<外壁塗装パートナーズの特徴>

  • 建築士の社長が運営する外壁塗装一括見積サービス
  • 利用料は完全無料で、加盟店700社の中から最大3社を紹介
  • 独自の加盟店審査基準で加盟店を厳選
  • 登録した加盟店には、独自の施工基準を義務付けて工事の品質を担保
  • 自社施工の塗装会社のみ登録可なので余計な仲介料が掛からない
  • 悪質な業者がいた場合は、イエローカード制度で排除
  • 外壁塗装を熟知したアドバイザーに相談できる

 

外壁塗装パートナーズでは、悪質な塗装業者を登録させないようにするため、以下のような基準で加盟店を審査しています。

 

外壁塗装の一括見積サイトの多くは、そもそも審査基準がなくて問題のある塗装業者が登録できてしまったり、審査基準がある場合でも審査基準を公開しておらず、本当に悪質業者を排除できているのかわからないところがほとんどなので、外壁塗装パートナーズは他のサイトに比べてかなり信頼度が高い見積もりサイトと言えると思います。

 

<外壁塗装パートナーズの加盟店審査基準>

  • 自社施工業社のみ登録可(下請けに投げるだけの仲介会社は登録できない)
  • 施工実績100棟以上
  • 創業3年目以上
  • 現場経験5年以上の現場監督の在籍
  • 建築関連法規・消費者契約などの違反がないこと

 

 

また、外壁塗装パートナーズでは審査基準を通過して登録した塗装会社に対して、工事の品質を担保するための独自の施工基準を設定しています。

 

外壁塗装や屋根塗装では、不当に高額な工事費の請求や、手抜き工事などの被害報告をたびたび耳にしますが、外壁塗装パートナーズでは独自の施工基準を設けて、トラブルを未然に防ぐ取り組みをしています。

 

<独自の施工基準>

  • 必要な工程に過不足がないか
  • 確認シートを使って作業漏れがないか確認
  • 建築工事標準仕様書に沿った施工
  • 費用の詳細がわかる見積書を作成
  • 一日の作業終了時に進捗状況を報告

 

 

外壁塗装は、費用が高額にも関わらず消費者側の知識が乏しいことが多いので、外壁塗装パートナーズのような塗装業者と塗装工事に対する品質を重視している一括見積サイトを使うようにすると良いと思います。

 

 

<外壁塗装パートナーズの利用の流れ>

外壁塗装パートナーズで塗装会社の見積もりを取得する場合には、外壁塗装パートナーズのサイトに行き、都道府県や塗装場所(一戸建て、その他)を選択、連絡先を記入して申し込みをすればOKです。

 

 

<外壁塗装パートナーズの公式サイト>

 

 

プロヌリ【工事業者の口コミや評判が見れる一括見積サイト】

プロヌリは全国約700社の加盟店の中から最大4社の塗装会社を紹介してもらうことができる一括見積サービスです。

 

プロヌリのサイトでは、プロヌリに加盟している全国の塗装会社の口コミや評判をみることができるので、実際に塗装会社に工事を依頼するときの安心できる一括見積サービスになっています。

 

また、プロヌリのサイトに掲載されている外壁塗装に関するコラム記事が非常に有益なので、外壁塗装を検討している方は一度目を通しておくと勉強になると思います。

 

 

<プロヌリのサービス概要>

プロヌリ
対応地域全国
加盟社数約700社
最大紹介社数4社
日程調整代行
業者へのお断り代行
利用者口コミ掲載
公式サイト外壁塗装、屋根塗装の一括見積【プロヌリ】

 

 

<プロヌリの特徴>

  • 約700社の加盟店の中から最大4社を紹介
  • 日程調整代行、業者へのお断り代行など、利用者へのサービスが手厚い
  • 塗装会社の口コミや評判が見れる
  • 外壁塗装に関するコラム記事が便利
  • 専門のアドバイザーに外壁塗装について相談できる
  • 利用料は完全無料

 

 

<塗装会社の口コミや評判が見れる>

プロヌリでは、塗装会社を利用した人が書いている口コミや評判を見ることができます。10年~20年に一度の高額な工事だからこそ、信頼のおける塗装会社に頼めると安心ですね。

 

 

<外壁塗装のコラム記事が便利>

一般の方であれば、外壁塗装に関する知識はほとんどないという方がほとんどではないでしょうか。プロヌリでは、外壁塗装に関するコラム記事が充実していて、塗装が必要になる周期や塗料の種類、外壁塗装の助成金の有無など、外壁塗装を依頼するにあたって知っておきたい知識を身に着けることができあm酢。

 

 

<プロヌリの利用の流れ>

プロヌリで、一括見積を取得する場合は、プロヌリのサイトから”無料 カンタンお見積り”のボタンを押します。

 

フォームに従って、工事場所の住所や面積、築年数、建物の種類などを入力して送信すればOKです。

 

<プロヌリの公式サイト>

 

 

外壁塗装に使われる塗料の種類【ウレタン塗料,シリコン塗料,フッ素塗料,無機塗料】

外壁塗装をするときに必ず決めなければいけないのは、どんな塗料を使って外壁塗装の工事をやってもらうかです。

 

一口に外壁塗装と言っても、塗料の種類は様々で、塗料ごとに値段や特徴が異なります。

 

必ずしも一番安い塗料を使うと良いとか、一番高級な塗料を使うと良いということはありませんので、各塗料の特徴を理解して、外壁塗装をする建物に合った塗料を使うようにしたいですね。

 

現在、一般の住宅の塗料に使われる塗料としては、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料、無機塗料などがあります。

 

ここではこの4種類の塗料について特徴やメリットデメリットを解説します。

 

<代表的な外壁塗装の塗料の種類>

価格耐用年数
ウレタン塗料2,500〜3,300円/㎡5~10年程度
シリコン塗料2,800〜3,500円/㎡7〜15年程度
フッ素塗料3,500〜4,000円/㎡12~15年程度
無機塗料4,500〜5,500円/㎡20~25年程度

 

一般的には「ウレタン塗料<シリコン塗料<フッ素塗料<無機塗料」の順で、価格が高くなるとともに耐用年数も長くなります。

 

その他にも塗料ごとの特徴がありますので、以下で確認していきましょう。

 

 

ウレタン塗料【価格が安いが耐久性は△】

ウレタン塗料は、シリコン塗料が外壁塗装の主流になるまで最もスタンダードな塗料として、長らく塗装会社に使われてきました。

 

外壁塗装に使われる塗料の中では安価で、一般的な耐用年数は5~10年程度と言われています。

 

ウレタン塗料は、他の高性能塗料に比べて耐用年数がやや短いものの、乾いた後も塗料が柔らかく、塗装面のひび割れが起きにくいという特徴があります。

 

建築業界以外の人は驚かれるかもしれませんが、木造住宅は建築後にも木材の乾燥やしなりによって建物が少しずつ動きます。この時に、ウレタン塗料は木材の動きに柔軟に対応することで、塗装面のひび割れを起こしにくくなっています。

 

塗料の中では耐用年数が長い方ではありませんが、こまめに塗り替えをしたいという方や、定期的に外壁の色を変えて楽しみたいといったニーズにはおすすめできる塗料です。

 

 

<ウレタン塗料のメリットデメリット>

  • ◎価格が安い
  • ◎塗料が柔らかく、塗装面のひび割れが起きにくい
  • ◎汎用性が高い塗料なので、どの施工業者も使い慣れている
  • ×耐久性はあまり高くない
  • ×紫外線に弱く、黄色っぽく変色することがある

 

<ウレタン塗料はこんな人におすすめ>

  • こまな塗り替えできれいさを保ちたい、色を変えて飽きがこないようにしたい
  • 塗装工事の後、あまり長く住むつもりがない

 

 

<ウレタン塗料の一例(メーカー、商品名)>

 

 

シリコン塗料【今の外壁塗装の主流】

シリコン塗料は、今現在の外壁塗装工事で最もよく使われている塗料で、塗装の持ちがよく、はがれや劣化が起きにくいのが特徴です。

 

シリコン塗料の一般的な耐用年数は7~15年程度と言われていて、同じような環境で使われる場合には、ウレタン塗料よりも長持ちします。

 

シリコン塗料は、その性能の高さから昔から塗装業界では注目されている塗料でしたが、以前は価格が高く、使えるシーンが限られていました。

 

しかし、ここ10年ほどでシリコン塗料は価格がずいぶん安くなり、今では多くの塗装業者で外壁塗装の工事でシリコン塗料を勧めています。

 

そのため、どの外壁塗装業者もシリコン塗料の扱いに慣れていて施工の失敗が起きにくく、塗料自体のコストパフォーマンスも高いので、「塗料にこだわりはないので、よく使われている人気の塗料で塗装したい」という方にもおすすめです。

 

 

<シリコン塗料のメリットデメリット>

  • ◎現在の外壁塗装で使われる主流の塗料なので、どの業者も扱いに慣れている
  • ◎塗装の持ちがよく、はがれや劣化が起きにくい
  • ◎防汚性、撥水性が高く、汚れにくい
  • ◎余分な湿気を通すため、内部の結露やカビが起きにくい

 

 

<シリコン塗料はこんな人におすすめ>

  • コストパフォーマンスの良い塗料を使いたい
  • よくわからないので、よく使われている塗料を使いたい

 

 

<シリコン塗料の一例(メーカー、商品名)>

 

 

フッ素塗料【耐久性が高い高級塗料】

フッ素塗料も、シリコン塗料と同じくここ10年ほどで価格が下がり、一般の住宅でも使われるケースがでてきた塗料です。

 

フッ素塗料はその耐久性の高さが特徴で、耐用年数は12年~15年程度と言われています。

 

耐熱性・耐寒性が強い、汚れに強い、酸性雨に強い、紫外線に強い、といった特徴があり、過酷な環境下でも、住宅を長期にわたって守ってくれる塗料です。

 

一時期より価格は下がったとはいえ、今現在でも高級な塗料の一つなので、住宅の周辺環境に応じて選択したい塗料です。

 

 

<フッ素塗料のメリットデメリット>

  • ◎耐久性が高いため(温度変化に強く、酸性雨、紫外線にも強い)塗り替え頻度を少なくできる
  • ◎汚れが付きにくく、降雨時に汚れが一緒に落ちる
  • ◎紫外線による色褪せが起きにくい
  • ×一般住宅の塗料としてはやや高価
  • ×塗膜が固いため、ひび割れが起こることがある

 

 

<フッ素塗料はこんな人におすすめ>

  • 価格が高めでも高性能な塗料を使いたい
  • 立地や建物構造的に頻繁な塗り替えが難しい(狭小地や高所など)

 

 

<フッ素塗料の一例(メーカー、商品名)>

 

 

無機塗料【防炎性も高いハイブリッド型塗料】

今現在の塗料の主流は有機塗料で、上記にあげたウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料などは有機塗料に含まれます。

 

無機塗料は、紫外線などに非常に強い無機物を主原料として作られますが、無機物だけでは壁面への付着力が足りないため、無機塗料は有機物と無機物を合わせて作られています。(そのため、無機塗料はハイブリット塗料と呼ばれたりもします。)

 

無機塗料は耐用年数が非常に長い一方で、塗膜が固くひび割れを起こしやすく施工が比較的難しい塗料でもあります。

 

しかし、一度塗装をしてしまえば汚れが付きにくく、カビやコケの発生も少なく、無機物ならではの防炎性もある塗料です。木造住宅の密集地など、集団火災が心配な地域にもおすすめできる塗料です。

 

 

<無機塗料塗料のメリットデメリット>

  • ◎紫外線により劣化する成分がほとんど含まれていないため、耐用年数が長い
  • ◎栄養分になる有機物がほとんど含まれないため、カビやコケが発生しにくい
  • ◎汚れにくい
  • ◎燃えにくい
  • ×価格が高い
  • ×ひび割れやすい

 

 

<無機塗料はこんな人におすすめ>

  • 耐久性の高い塗料を使いたい
  • 燃えにくい素材で防火性を高めたい

 

 

<無機塗料の代表商品(メーカー、商品名)>

 

 

タイトルとURLをコピーしました