口コミ評判・おすすめ

生活が捗るアイテム・グッズ【買って良かったおすすめランキング】

この記事を書いている人

モチタケ

・資産5000万円ほどを運用する個人投資家
・平日は東証一部上場企業本社のファイナンス担当(転職4社目)
・投資、副業、転職などのノウハウを配信
・東京都在住、ネコが好き

【保有資格】
・日商簿記1級
・税理士試験(財務諸表論、法人税法)
・CFP(ファイナンシャルプランナー)
・TOEIC900 など

今回は「生活が捗るアイテム・グッズ【買って良かったおすすめランキング】」ということで、私が日ごろ愛用しているアイテムの中で、特におすすめの生活が捗るグッズをご紹介する記事を作成しました。

 

どれも生活がかなり捗るようになるアイテムなので、気になるものがあればぜひ試してみて下さいね。

 

ブックマークして後で読む

記事のブックマークは、はてなブックマークボタンからどうぞ。オンライン上にブックマークを保存して、どのデバイスからでも記事が読めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【自分で掃除機掛けが不要に】ロボロック社のロボット掃除機S6MaxV

時短家電の代表格であるロボット掃除機ですが普通の掃除機よりもそれなりに値が張るので、なかなか導入をためらっていました。しかし、いざ購入してみるとあっという間にロボット掃除機がない生活には戻れないくらいにハマってしまいました笑

 

色々と健闘した結果、私が購入したのはヤマダ電機が独占販売しているロボロック社のロボット掃除機「S6MaxV」です。

 

ロボロック「S6MaxV」(実勢価格7~8万円程度)

ロボロック社のロボット掃除機「S6MaxV」

 

家電芸人の土田さんが紹介されている機種ですね。

 

ロボロックのYOUTUBE公式動画がこちら。

 

ロボロック社は中国のスマホ市場で最大のシェアを握るシャオミの系列企業で、高度なAIを搭載したロボット掃除機を圧倒的なコストパフォーマンスで提供している企業ですね。

 

ロボット掃除機と言えばiRobot社のルンバが有名ですが、掃除機にしては値段がかなり張るので、ルンバの価格がネックになって購入をためらっていた方には、ロボロック社のロボット掃除機はかなりおすすめですよ。

 

ロボロック「S6MaxV」メリットをまとめると以下の通り。

 

<ロボロックの「S6MaxV」のメリット>

  • スケジュール設定をしておくと毎日決まった時間に掃除してくれるので、家事の中から「掃除機をかける」というタスクがほぼ消える(自分でスイッチを入れる工程が不要)
  • 部屋をマップ認識するので、最小限の掃除時間で漏れなく部屋を掃除してくれる(安価なロボット掃除機はランダム走行なので、掃除時間が長く、掃除漏れの場所も多い)
  • 部屋をマップ認識するので、ほぼ確実に充電ステーションに自動帰還してくれる(安価なロボット掃除機はランダム走行なので、充電ステーションに自力で戻れず力尽きることが多い)
  • 階段で落ちないのはもちろん、障害物を避けて掃除をするので床に多少モノが置いてあってもOK(安価なロボット掃除機は障害物に勢いよくぶつかって破壊したり、巻き込んだりする)
  • 掃除と水ぶきの両方に対応
  • これだけの機能がそろっている割には圧倒的に安い

 

安価なロボット掃除機はランダム走行のため掃除ムラがあったり充電ステーションに帰還できないことがあるので、せっかくロボット掃除機を買うなら「部屋のマップ認識機能」が付いたモデルを選ぶと良いと思います。

 

ロボロック「S6MaxV」はマップ認識機能があるため効率よく部屋を掃除してくれます。ルンバの場合、この機能はi7(実勢価格9~10万円程度)などの一部の上位機種にだけついている機能ですね。

 

<マップ認識機能あり(左)となし(右)の掃除イメージ>

 

また、ロボロック「S6MaxV」は通常のお掃除機能に加えて水ぶき機能も付いています。ルンバには掃除機と水ぶきが両方できる機種は販売されていないので、iRobot社の製品でそろえるならルンバ+ブラーバ(実勢価格3~6万円程度)を購入することになりますね。

 

コスト面もさることながら、ルンバとブラーバの2台持ちだとスペースも必要になるので、掃除機機能と水ぶき機能の両方が必要な方は、ロボロック「S6MaxV」を導入すると良いと思います。

 

コストパフォーマンス的には圧倒的に優れているロボロック「S6MaxV」ですが、友達に自慢したい場合は信頼性と実績のあるルンバを選ぶのも良いかもしれませんね(笑)。

 

いずれにしても、ロボット掃除機を一度導入すると、もう通常の掃除機には戻れないくらい生活が捗ります。安い買い物ではないですが、しっかりした機種を選んで毎日の家事を楽にしちゃいましょう。

 

 

【コンタクトの人は必須】こすり洗い不要のコンタクト洗浄液

2weekなどの繰り返し利用するコンタクトレンズを使用していると、コンタクトレンズの洗浄が結構面倒くさくありませんか。面倒なコンタクトレンズの洗浄を楽にしてくれるのが、こすり洗い不要タイプのコンタクトレンズ洗浄液です。

 

洗浄液である過酸化水素水をケースに投入して消毒を開始すると、ケースについている中和剤によって数時間で中和が完了します。コンタクトレンズをしている方にとっては、毎日の生活の確実な時短になるのでおすすめです。

 

<コンタクトレンズの洗浄方法と時短>

  1. こすりあらいタイプ → めんどくさい
  2. 錠剤で中和するタイプ → 錠剤を入れるのがめんどくさい
  3. 消毒液を言えるだけのタイプ → 一番カンタン!

 

 

 

【すぐにお湯が沸く】ティファールの電気ポット

私が実家に住んでいるころにお湯を沸かすときは、ヤカンに水を入れて火にかけてお湯を沸かすという昔ながらのやり方でした。そのように教えられて育ったので一人暮らしを始めてしばらくはヤカンでお湯を沸かしていました。

 

ある時、海外旅行で泊ったホテルにティファールの電気ポットが置いてありました。使ってみると格段に短時間でお湯が沸かせてヤカンとは比較にならないほどでした。帰国して早速ティファールの電気ポットを購入し、すでに2代目になりますが、今も愛用しています。

 

 

【食洗器で洗える】くっつかないフライパン

食洗器を購入して以来、あらゆる調理器具や食器を食洗器に入るものに買い替えています。

 

こちらのセットについているフライパンは直径20cmと小さめで、取っ手の取り外しもできるので食洗器に入れて洗うことができます。食材もくっつきにくいので調理後の片づけが超カンタンになりますよ。

 

台所で収納に困る物ランキング上位に必ず入る鍋とフライパンですが、こちらのセットであれば重ねて収納できるので収納場所を取らないのも嬉しいですね。

 

 

【肩こり、首の痛み解消】高さが調整できる枕

パソコン作業が続いたせいか、どうも肩こりや腰痛がでてきたときに、導入したのがニトリの高さが10か所調整できる枕です。

 

もともとはお店でプロの人に、最適な枕の高さにセッティングしてもらえる枕を購入しようとしていたのですが、そういったオーダーメイド枕は価格帯が2万円~5万円程度と少々お値段がはりました。そこで高さが自分に合ったものに調整できる枕を色々探していたところ、ニトリの高さが10か所調整できる枕を見つけました。

 

こちらはお値段が5000円程度と非常にリーズナブルで、枕を実際に使いながら自分で高さを微調整していけるのがメリットです。実際、私もニトリの高さが10か所調整できる枕をしばらく使ってみたところ、肩こりや首の痛みが激減しました。枕、本当に大事ですよ。

 

詳しいレビューは別記事でまとめていますので、よろしければご覧ください。

ニトリ 高さが10ヵ所調整できる枕の口コミレビューと評判!おすすめまくら
ニトリの「高さが10ヵ所調整できる枕」を購入したので、口コミレビュー記事にまとめました。自分の体に合った高さに簡単に調整でき、オーダー枕よりも圧倒的なコスパの高さでおすすめのまくらです。口コミで人気を集め、品薄状態が続いているようです。

 

【大音量で寝坊ゼロ】電波式 目覚まし時計

Amazonの目覚まし時計部門の中でトップレベルの売れ筋商品なので、ご存じの方もいるかもしれませんが、大音量で寝起きが悪い人も確実に起こす目覚まし時計です。電波時計なので、いつのまにか時刻がズレていたということもありません。気温表示機能があるのも結構気に入っています。

 

電波時計なので時刻はズレないのですが電池切れだけは怖いので、私はコレを2台持ちで、二つセットして寝るようにしています。絶対、起きれます。

 

 

・大音量の目覚ましで、寝起きが悪い人でも起きれる

・電波時計なので時刻補正がいらない

・カレンダー機能(日付表示)あり

・気温表示機能付き

 

湿度表示機能も欲しい方は、ワンサイズ大きいこちらもあります。

 

【タイマー式点灯で寝起きが改善】調光調色機能付きシーリングライト

室内の天井に付けるシーリングライトで、調光・調色機能(明るさの調整、蛍光灯のような白い明かりと間接照明のような温かい光に調整できる)が付いているタイプです。勉強や仕事中には白い光で明るさMAXにすることで集中力アップ、夜寝る前には明るさを抑えて間接照明風の温かい光にすると寝つきが良くなります。

 

一番、いい機能は「目覚めのひかり」という機能で、朝のタイマーをセットした時刻の30分前から徐々に室内を明るくしていき、タイマーの時刻になると明るさが最大になる機能です。この機能を使いはじめてから、起きるのがつらい朝が本当に楽に起きられるようになりました。寝起きの悪い方、低血圧のかたは是非お試しください。

 

【時短家電】大風量ですぐ乾くドライヤー

風呂上がりに使うドライヤーにはこれまでほとんど無頓着だったのですが、大風量のドライヤーを使い始めてからその素晴らしさに気が付きました。ドライヤーの風量が強いと髪があっという間に乾くので、毎日の生活の確実な時短になります。一度、大風量の速乾ドライヤーに慣れてしまうと、たまに銭湯に置いてある低出力のドライヤーを使った時になかなか乾かなくて時間がもったいなく感じるようになります。お金で時間を買いたい忙しい方にはぜひお試しください。

 

詳しくはこちらの記事でレビューをまとめていますので、よろしければどうぞ。

パナソニック イオニティの口コミレビューと評判【EH-NE5B 大風量ドライヤー】
パナソニックの人気ドライヤー、イオニティの口コミレビューと評判。これまで使っていたモンスターが壊れたのでイオニティに買い替えました。大風量の速乾ドライヤーながら、マイナスイオン搭載で髪にも優しい。非常にコスパが高いのでおすすめです。

 

 

【極小の穴でできる壁面収納】壁美人

私は個人的に自宅を掃除しやすくするために「意地でも床にモノを置かない」をポリシーにインテリアや家具の配置を考えているのですが、その時の必須アイテムが壁美人です。

 

賃貸はもちろん、持ち家でも壁に画びょうを刺したり、ネジ穴をあけるのはかなり抵抗がありますようね。

 

壁美人は壁(石膏ボード)にホッチキス止めすることで、画びょうよりもさらに小さい穴で数kg程度の耐荷重のフックやウォールラックを取り付けることができます。

 

私はこれでカバンをフックに掛けたり、姿見をフックに掛けたりして、モノをとにかく床に置かないようにしています。床にモノがないと掃除機をかけるのが本当に楽になりますよ。

 

<壁美人>

 

壁美人よりもう少し安いものが欲しい方には下記の廉価版もあります。

 

<キズが超小さいフック>

 

まとめ:生活が捗るアイテム・グッズ【買って良かったおすすめランキング】

私はどちらかというとモノを持つより減らしたいミニマリスト的な考えで、お金の使い道も「モノより思い出」派で、あまり買い物もしません。それでも、日常的に使うものは気に入ったものを使ったり、少しの投資で毎日の生活が時短になるものは積極的に取り入れるようにしています。そういったアイテムは、導入するには少しハードルがありますが、試しに使ってみると「もっと早く使い始めればよかった!」と思ったりするものです。皆さんもお気に入りのグッズで、楽しい&時短ライフをお過ごしください。

 

タイトルとURLをコピーしました