投資用語一覧

REIT(リート)

REIT(Real Estate Investment Trust)、日本語では不動産投資信託と呼ばれます。REITは投資家から資金を集めて、不動産に投資・運用をして、不動産から得た賃料収入や売却益を投資家に分配する仕組みのことを指し、投資信託の種類の中の一つです。

 

<REITのメリット>

・REITの価格は物価の動きと連動しているためインフレに対するリスクヘッジになる・

・主な収益源が賃料収入なので収益が比較的長期安定している。

・一定の要件(配当可能利益の90%以上を投資主に分配することなど)を満たしたREITは法人税を課される前の収益を投資家に分配することができる。

 

<REITのリスク要因>

・自然災害等

 

REITを利用にあたってはメリットとリスクを十分に把握して、自分のポートフォリオに組み込むようにしましょう。

 

 

サブリース

賃貸経営をする際に不動産管理会社に賃貸物件をまとめて借り上げてもらい、家主(オーナー)は不動産管理会社から家賃収入を受け取る仕組みのこと。賃貸物件への入居者募集や日ごろの管理を不動産管理会社に任せることができ、賃貸物件が空室になった場合でも不動産管理会社から家賃収入を受け取ることができるので、家主(オーナー)は賃貸経営の手間や空室リスクを削減することができるメリットがあります。一方で、サブリースの場合に受け取ることができる家賃収入からは不動産管理会社の管理コストが差し引かれるため、家主(オーナー)が自分で借主を見つけて貸付を行う場合より少なくなるので注意が必要です。

 

 

有価証券報告書

株式上場している会社が決算日から3か月以内に金融庁へ提出、開示をすることを義務付けられている書類。貸借対照表(BS)、損益計算書(PL)といった財務諸表だけでなく、セグメント情報や従業員の勤続年数、役員報酬の金額等が記載されており、字が細かくて読みづらいものの読み物としても面白い。EDINETや企業のHPから閲覧が可能。

 

 

ドルコスト平均法とは

株や投資信託など値動きのある運用商品を毎月一定額、毎日一定額など一定の金額ごと買い続ける投資手法のこと。この方法で投資を続けると投資対象の価格が高い時には少なめに購入し、価格が安い時には多めに購入することになり、価格変動リスクを緩和しながら投資対象の平均購入価格を安くすることができるようになる。