電通の年収は?就職転職の企業研究 | 勤続年数、離職率、採用情報

本記事では就職・転職活動をお考えの方向けに、電通の年収、勤続年数、離職率、業績等の企業研究の情報をまとめています。

 

電通は広告で国内最大手、世界5位の企業です。電通は日本企業トップレベルの平均年収である一方で猛烈な働き方をする会社としても知られ、2015年には新入女性社員の過労死事件もありました。広告業は他社の宣伝活動に従事しており電通自体が表に出ることは少ないため、一般消費者にとっては謎が多い企業でもあります。

【電通の平均年収】決算情報,株価,採用職種ほか就職転職情報

電通の年収は?就職転職向け勤続年数、離職率、採用情報のまとめ

 

電通への転職・中途採用求人の探し方

電通をはじめとする大手企業に転職したい場合はどのように求人情報を探せばよいのでしょうか。大手企業の求人は、非公開求人と呼ばれる転職エージェント経由でしか見ることができない形式で募集がかかります。

 

<公開求人>

リクナビNextなど、WEBサイトに登録すればだれでも見れる求人

 

<非公開求人>

転職エージェントで転職支援サービスを受けた人だけが見れる求人

 

理由としては、公開求人で募集をして応募が集まりすぎると企業側の選考が大変になることや、求人の内容自体に機密情報が含まれていたりする、ということがあげられます。つまり、多くの人が応募したくなるような求人のほとんどは非公開求人ということになります。

 

「非公開求人」を見るためには転職エージェントに登録が必要になります。転職エージェントへの登録や転職支援を受けるのはすべて無料ですので、転職するつもりがあってもなくても常に転職市場の情報収集として何社か登録しておくことをおすすめします。私自身も転職エージェントとは常に数社付き合いを持つようにしていて、その時々の求人情報を見て今後のキャリアプランの参考にしています。

 

 

<【完全無料】おすすめの大手転職エージェント3社>

リクルートエージェント | 求人数・転職実績No1 

DODA by パーソルキャリア | 丁寧なカウンセリングが評判

type転職エージェント | 正社員の年収アップ転職支援

 

<転職エージェント登録の流れ>

①転職エージェント会社のwebサイトでキャリア情報を登録

②転職エージェントの担当者と面談or電話面談(情報収集目的も歓迎しています。)

③非公開求人の紹介を受ける(又は転職エージェントのwebサイトで検索可能になる。)

 

 

電通の役員と従業員の給料・年収と勤続年数・離職率

それでは電通への就職・転職を検討される方のために、電通の企業情報を紹介・解説していきます。東証一部上場企業である電通ですが、その役員や従業員の年収水準、勤続年数はどのようになっているのでしょうか?

 

 

従業員の給料・年収と勤続年数・離職率

決算期 18年12月期 -
グループ全体の従業員数 62,608
(うち親会社の状況)   -
従業員数 6,921
平均年齢 40.7
平均勤続年数 13.8
平均年間給与 11,797,585

電通有価証券報告書(2019年3月決算)を元に筆者作成 

 

広告業界最大手だけあり年収は約1200万円と日本企業のトップレベルです。一方で平均勤続年数は老舗大手企業の中では短めとなっています。

 

電通の平均年収の比較対象としてサービス業の平均年収、全産業の会社員の平均年収を掲載しておきます。

 

サービス業の平均年収・・・348万円

会社員の平均年収・・・432万円

正規社員の平均年収・・・494万円

非正規社員の平均年収・・・175万円

出典:平成29年分民間給与実態統計調査(国税庁) 

 

電通の役員の給料・年収はどれくらい?

電通の役員報酬は基本年棒、年次賞与、中長期賞与で構成されています。中長期賞与は株価に連動する報酬となっており、役員と株主が株価上昇に対する利益を共有する仕組みになっています。

 

<役員報酬の体系>

基本年棒・・・他社の役員報酬額を参考に算出した月例報酬

 

年次賞与・・・基本年棒、就任中の各事業年度の連結業績に応じた額を支給

 

中長期賞与(業績連動型株式報酬)・・・基本年棒、就任中の各事業年度の期初株価等に応じて算出したポイントを付与し、権利確定日にそのポイントに応じて株式50%、金銭50%の報酬を支給。

 

<役職ごとの支給額>

取締役 431百万円(9名)、一人当たり換算48百万円

社外取締役 15百万円(1名)、一人当たり換算15百万円

監査等委員 36百万円(2名)、一人当たり換算18百万円

社外取締役 45百万円(3名)、一人当たり換算15百万円

 

<報酬総額1億円以上の役員>

ティモシー・アンドレー 638百万円

 

個別の役員で1億円以上の報酬を受けているのは外国人役員1名だけであり、従業員の平均年収が高い割には役員報酬は控えめな水準となっています。

 

 

電通の業績情報

直近3事業年度の決算概要

決算期 16年12月期 17年12月期 18年12月期
会計基準 IFRS IFRS IFRS
売上高(百万円) 838,359 928,841 1,018,512
営業利益(百万円) 137,681 137,392 111,638
営業利益率 16.4% 14.8% 11.0%
経常利益(百万円) 132,918 149,662 148,751
経常利益率 15.9% 16.1% 14.6%
当期利益(百万円) 83,501 105,478 90,316
利益率 10.0% 11.4% 8.9%
自己資本比率 29.6% 30.7% 28.8%

 電通 有価証券報告書(2018年12月決算)を元に筆者作成  

海外での売上比率も高い電通では会計基準にIFRS(国際会計基準)を採用しています。国際会計基準は世界的に広く利用されており、投資家たちにとって海外企業との比較検討が容易になることから、海外からの投資資金が集まりやすくなるというメリットがあります。

 

会社の業績の見方についてはこちらの記事で解説しています。決算情報の閲覧に不慣れな方がいらっしゃいましたらご参考にしてください。

 

 

地域別売上の状況(海外売上比率)

就職、転職先の企業を見るときにその企業の将来性を重視する場合には、海外売上比率を見ることが一つの手段となります。日本は今後も少子高齢化が進むことは確実ですので、海外市場を開拓している企業は確実に有利になります。

決算期 18年12月期
日本 222,281
その他海外 1,050,788
1,273,069
国内売上比率 17.5%
海外売上比率 82.5%

単位:百万円

電通 有価証券報告書(2018年12月決算)を元に筆者作成 

 

電通では個別の国や地域の情報は開示していませんが、売上高の海外比率は8割を超えておりグローバル化が進んでいることがわかります。国内市場は今後、縮小することは確実なのでこの高い海外売上比率は強みになるでしょう。

 

 

セグメント情報(事業ごとの概況)

セグメントとは企業が行っている事業の区分のことを言います。就職転職では企業を選ぶことも重要ですが、同様にどのセグメントで働くことになるかも非常に大切です。昨今では企業は生き残りをかけて不採算事業の整理・売却を行うことも珍しくありません。不採算事業で働いている場合、給与水準が下がるということや、気が付いたら別の会社に売却されていた、などという笑えない事態も起こりえます。

 

電通では、国内事業、海外事業の2つのセグメントで事業を展開しています。それでは各セグメントの事業内容、業績について見ていきましょう。

 

セグメント情報 国内事業

<主要サービス>

広告業、情報サービス業 等 

 

<主要会社>

電通東日本、電通西日本、電通九州、電通北海道、電通名鉄コミュニケーションズ、ザ・ゴール、電通アドギア、電通イースリー、サイバー・コミュニケーションズ、電通デジタル、電通ライブ、電通テック、電通ダイレクトマーケティング、電通国際情報サービス

 

<業績情報>

決算期 17年12月期 18年12月期
収益(百万円) 1,865,117 1,880,768
セグメント利益(百万円) 88,801 80,268
セグメント利益率 4.8% 4.3%
従業員数(人) 17,652 18,539
一人当たり売上高(百万円) 105.7 101.4
一人当たり営業利益(百万円) 5.0 4.3

 

  

セグメント情報 海外事業

<主要サービス>

広告業

 

<主要会社>

Dentsu Aegis Network Ltd.、Dentus Aegis London Ltd.、Aegis International Ltd、Portman Square US Holdings Ltd

 

<業績情報>

決算期 17年12月期 18年12月期
収益(百万円) 3,329,418 3,488,430
セグメント利益(百万円) 75,146 72,963
セグメント利益率 2.3% 2.1%
従業員数(人) 42,412 44,069
一人当たり売上高(百万円) 78.5 79.2
一人当たり営業利益(百万円) 1.8 1.7

 

 

電通の歴代社長の経歴

執筆中

 

 

電通の過去のリストラ

執筆中

 

 

電通の就職・転職、採用情報 

新卒採用、就職情報

調査中

 

 

中途採用・転職情報

電通をはじめとする人気企業は非公開求人で募集がかかるケースがほとんどです。非公開求人は転職エージェントに登録すると見ることができますが、常に募集が掛かっているわけではないので具体的に転職を検討する前に登録だけ済ませて随時求人をチェックする方法が有効です。

転職エージェントへの登録や転職相談は完全無料で行うことができ、実際に応募をせずに求人を見るだけということもできるので、すぐに転職するつもりがない方でも1社は転職エージェントと付き合いを持っておくといいですね。

 

<最初の1社なら業界最大手>

【完全無料】転職実績No1 リクルートエージェント

 

 

転職サイト、転職エージェントの利用についてはこちらの記事でも解説していますのであわせてご覧ください。

 

 

その他関連情報

格付けの状況

格付けとは格付け会社と呼ばれる会社その会社の信用力を評価してランク付けをしたもののことを言います。信用力とはその会社が債券を発行してお金を借りた場合に、そのお金をきちんと返せるかどうかのことを言います。つまり、格付けが高い会社は財務内容が良好で経営状態が安定していると見ることができます。

 

<長期債>

ムーディーズ -
スタンダード & プアーズ -
格付投資情報センター AA-

※最終確認日:2019年8月 

 

<短期債>

ムーディーズ -
スタンダード & プアーズ -
格付投資情報センター a-1+

 ※最終確認日:2019年8月

 

 

電通の歴史と沿革

1901年 日本広告株式会社として創業

1906年 株式会社日本電報通信社を設立

1907年 株式会社日本電報通信社に日本広告株式会社が合併

1955年 商号を株式会社電通に変更

1975年 電通国際情報サービスを設立

2016年 監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行

 

 

ニュース

2015年 新入社員女性が社員寮で自殺。その後、過労死認定された。

2019年 電通と電通デジタルがAIを使って自動的で広告を作成するシステム「アドバンスト・クリエーティブ・メーカー」を事業化。

2019年 電通と電通デジタルがIT、AIにより効果的なテレビCMを予測するサービス「ブランド・リフト・チェッカー」を開始。

 

 

就職転職の企業研究に使える書籍

執筆中

 

 

関連記事(年収・勤続年数等の企業研究)

就職転職活動の企業分析や年収、勤続年数、離職率等の職場環境の調査はこちらもあわせてご覧ください。