日立製作所の年収は?就職転職の企業研究 | 勤続年数、離職率、採用情報

本記事では就職・転職活動をお考えの方向けに、日立製作所の年収、勤続年数、離職率、業績等の企業研究の情報をまとめています。

 

日立製作所は日本最大規模の電機メーカーで、従業員数ではトヨタ自動車に次ぐ第2位と国内有数の規模の企業です。 

日立製作所の年収は?就職転職の企業研究 | 勤続年数、採用、決算情報

日立製作所の年収は?就職転職向け勤続年数、離職率、採用情報のまとめ

 

日立製作所への転職・中途採用求人の探し方

日立製作所をはじめとする大手企業に転職したい場合はどのように求人情報を探せばよいのでしょうか。大手企業の求人は、非公開求人と呼ばれる転職エージェント経由でしか見ることができない形式で募集がかかります。

 

<公開求人>

リクナビNextなど、WEBサイトに登録すればだれでも見れる求人

 

<非公開求人>

転職エージェントで転職支援サービスを受けた人だけが見れる求人

 

理由としては、公開求人で募集をして応募が集まりすぎると企業側の選考が大変になることや、求人の内容自体に機密情報が含まれていたりする、ということがあげられます。つまり、多くの人が応募したくなるような求人のほとんどは非公開求人ということになります。

 

「非公開求人」を見るためには転職エージェントに登録が必要になります。転職エージェントへの登録や転職支援を受けるのはすべて無料ですので、転職するつもりがあってもなくても常に転職市場の情報収集として何社か登録しておくことをおすすめします。私自身も転職エージェントとは常に数社付き合いを持つようにしていて、その時々の求人情報を見て今後のキャリアプランの参考にしています。

 

 

<【完全無料】おすすめの大手転職エージェント3社>

リクルートエージェント | 求人数・転職実績No1 

DODA by パーソルキャリア | 丁寧なカウンセリングが評判

type転職エージェント | 正社員の年収アップ転職支援

 

<転職エージェント登録の流れ>

①転職エージェント会社のwebサイトでキャリア情報を登録

②転職エージェントの担当者と面談or電話面談(情報収集目的も歓迎しています。)

③非公開求人の紹介を受ける(又は転職エージェントのwebサイトで検索可能になる。)

 

 

日立製作所の役員と従業員の給料・年収と勤続年数・離職率

それでは日立製作所への就職・転職を検討される方のために、日立製作所の企業情報を紹介・解説していきます。東証一部上場企業である日立製作所ですが、その役員や従業員の年収水準、勤続年数はどのようになっているのでしょうか?

 

 

従業員の給料・年収と勤続年数・離職率

決算期 19年3月期 -
グループ全体の従業員数 295,941
(うち親会社の状況)   -
従業員数 22,490
平均年齢 42.1
平均勤続年数 19.0
平均年間給与 8,943,244

日立製作所 有価証券報告書(2019年3月決算)を元に筆者作成 

 

日立製作所の平均年収の比較対象として製造業の平均年収、全産業の会社員の平均年収を掲載しておきます。

 

製造業の平均年収・・・507万円

会社員の平均年収・・・432万円

正規社員の平均年収・・・494万円

非正規社員の平均年収・・・175万円

出典:平成29年分民間給与実態統計調査(国税庁) 

 

 

日立製作所の役員の給料・年収はどれくらい?

それでは次に日立製作所の役員の報酬体系、年収水準について見ていきましょう。

 

<役員報酬の体系>

基本報酬・・・役位に応じた基準額に査定を反映させた額を支給

短期インセンティブ報酬・・・役位に応じた基準額を定め、業績及び担当業務における成果に応じて0~200%の割合を支給

中長期インセンティブ報酬・・・日立製作所株式の株主総利回りとTOPIX成長率を比較した対TOPIX成長率に応じて譲渡制限付株式を支給する。当該譲渡制限付株式は退任時に譲渡制限が解除される。

 

※譲渡制限付株式とは役員などに対して、一定期間売却することができず一定期間内に退任等をすると没収されるという条件付きの株式を付与するものです。これを付与された役員は、株価を上昇させることで受け取る報酬額(受け取った株式の価値)を増やせることから、役員と株主が企業価値(株価)の上昇に向けて取り組むようにすることができます。

 

 

<役職ごとの支給額>

取締役・・・64百万円(2名)、一人当たり平均32百万円

社外取締役・・・348百万円(11名)、一人当たり平均32百万円

執行役・・・3517百万円(34名)、一人当たり平均103百万円

 

 

<報酬総額1億円以上の役員>

東原 敏昭(執行役)・・・369百万円

青木 優和(執行役)・・・158百万円

小島 啓二(執行役)・・・140百万円

塩塚 啓一(執行役)・・・169百万円

髙橋 秀明(執行役)・・・125百万円

西野 壽一(執行役)・・・158百万円

大森 紳一郎(執行役)・・・107百万円

河村 芳彦(執行役)・・・109百万円

小久保 憲一(執行役)・・・123百万円

柴原 節男(執行役)・・・124百万円

関 秀明(執行役)・・・108百万円

津田 義孝(執行役)・・・116百万円

アリステア・ドーマー(HitachiRailEuropa・CEO)・・・333百万円

中畑 秀信(執行役)・・・107百万円

西山 光明(執行役)・・・114百万円

大槻 隆一(執行役)・・・112百万円

中西 秀明(執行役)・・・282百万円

 

 

日立製作所の業績情報

直近3事業年度の業績

決算期 17年3月期 18年3月期 19年3月期
会計基準 IFRS IFRS IFRS
売上高(百万円) 9,162,264 9,368,614 9,480,619
営業利益(百万円) 541,483 586,012 518,688
営業利益率 5.9% 6.3% 5.5%
経常利益(百万円) 469,091 638,646 516,502
経常利益率 5.1% 6.8% 5.4%
当期利益(百万円) 231,261 362,988 222,546
利益率 2.5% 3.9% 2.3%
自己資本 2,967,085 3,278,024 3,262,603
総資産 9,663,917 10,106,603 9,626,592
自己資本比率 30.7% 32.4% 33.9%

日立製作所 有価証券報告書(2018年12月決算)を元に筆者作成  

 

 

会社の業績の見方についてはこちらの記事で解説しています。決算情報の閲覧に不慣れな方がいらっしゃいましたらご参考にしてください。

 

 

地域別売上の状況(海外売上比率)

就職、転職先の企業を見るときにその企業の将来性を重視する場合には、海外売上比率を見ることが一つの手段となります。日本は今後も少子高齢化が進むことは確実ですので、海外市場を開拓している企業は確実に有利になります。

決算期 18年3月期 19年3月期
日本 4,643,080 4,664,535
北米 1,177,581 1,205,628
欧州 964,474 1,018,542
アジア 2,081,150 2,019,598
その他海外 502,329 572,316
9,368,614 9,480,619
国内売上比率 49.6% 49.2%
海外売上比率 50.4% 50.8%

単位:百万円

日立製作所 有価証券報告書(2019年3月決算)を元に筆者作成 

 

 

セグメント情報(事業ごとの概況)

セグメントとは企業が行っている事業の区分のことを言います。就職転職では企業を選ぶことも重要ですが、同様にどのセグメントで働くことになるかも非常に大切です。昨今では企業は生き残りをかけて不採算事業の整理・売却を行うことも珍しくありません。不採算事業で働いている場合、給与水準が下がるということや、気が付いたら別の会社に売却されていた、などという笑えない事態も起こりえます。

 

日立製作所では、情報・通信システム、社会・産業システム、電子装置・システム、建設機械、高機能材料、オートモティブシステム、生活・エコシステムの7つのセグメントで事業を展開しています。それでは各セグメントの事業内容、業績について見ていきましょう。

 

セグメント情報 情報・通信システム

<主要製品・サービス>

システムインテグレーション、コンサルティング、クラウドサービス、サーバ、ストレージ、ソフトウェア、通信ネットワーク、ATM

 

<主要会社>

製造・・・日立情報通信エンジニアリング、日立オムロンターミナルソリューションズ、Hitachi Computer Products (America)

販売・サービス・・・日立ソリューションズ、日立システムズ、Hitachi Consulting、Hitachi Global Digital Holdings、Hitachi Payment Services、Hitachi Vantara

 

<業績情報>

決算期 18年3月期 19年3月期
売上高 2,008,907 2,065,913
営業利益 139,279 210,917
営業利益率 6.9% 10.2%
従業員数(人) 73,388 73,086
一人当たり売上高 27.4 28.3
一人当たり営業利益 1.9 2.9

単位:百万円

 

   

セグメント情報 社会・産業システム

<主要製品・サービス>

産業用機器・プラント、エレベーター、エスカレーター、鉄道システム、火力・原子力・自然エネルギー発電システム、送変電システム

 

<主要会社>

製造・・・日立GEニュークリア・エナジー、日立産機システム、日立国際電気、三菱日立パワーシステムズ

販売・サービス・・・日立ビルシステム、日立作業制御ソリューションズ、日立プラントコンストラクション、日立プラントサービス、日立パワーソリューションズ、Hitachi Rail Europa、Sullair US Purchaser

 

<業績情報>

決算期 18年3月期 19年3月期
売上高 2,375,012 2,539,812
営業利益 101,257 -151,984
営業利益率 4.3% -6.0%
従業員数(人) 77,476 79,108
一人当たり売上高 30.7 32.1
一人当たり営業利益 1.3 -1.9

単位:百万円

 

 

セグメント情報 電子装置・システム

<主要製品・サービス>

半導体製造装置、計測・分析装置、先端産業部材、医療機器 

 

<主要会社>

製造・・・日立ハイテクノロジーズ

 

<業績情報>

決算期 18年3月期 19年3月期
売上高 1,086,551 951,213
営業利益 88,852 70,841
営業利益率 8.2% 7.4%
従業員数(人) 20,006 15,959
一人当たり売上高 54.3 59.6
一人当たり営業利益 4.4 4.4

単位:百万円

 

 

セグメント情報 建設機械

<主要製品・サービス>

油圧ショベル、ホイールローダ、鉱山機械

 

<主要会社>

製造・・・日立建機

 

<業績情報>

決算期 18年3月期 19年3月期
売上高 959,153 1,033,703
営業利益 97,095 104,515
営業利益率 10.1% 10.1%
従業員数(人) 23,469 24,091
一人当たり売上高 40.9 42.9
一人当たり営業利益 4.1 4.3

 単位:百万円

 

 

セグメント情報 高機能材料

<主要製品・サービス>

半導体・ディスプライ用材料、配線板・関連材料、自動車部品、蓄電デバイス、特殊鋼製品、磁性材料、素形材製品、電線材料

 

<主要会社>

製造・・・日立化成、日立金属

 

<業績情報>

決算期 18年3月期 19年3月期
売上高 1,657,537 1,704,446
営業利益 98,672 86,452
営業利益率 6.0% 5.1%
従業員数(人) 51,709 51,895
一人当たり売上高 32.1 32.8
一人当たり営業利益 1.9 1.7

 単位:百万円

 

 

セグメント情報 オートモティブシステム

<主要製品・サービス>

エンジンパワートレインシステム、電動パワートレインシステム、車両統合制御システム

 

<主要会社>

製造・・・日立オートモティブシステムズ、Hitachi Automotive Systems Americas

 

<業績情報>

決算期 18年3月期 19年3月期
売上高 1,001,036 971,007
営業利益 42,429 85,361
営業利益率 4.2% 8.8%
従業員数(人) 33,958 25,052
一人当たり売上高 29.5 38.8
一人当たり営業利益 1.2 3.4

単位:百万円

 

 

セグメント情報 生活・エコシステム

<主要製品・サービス>

業務用空調機器、ルームエアコン、冷蔵庫、洗濯機

 

<主要会社>

製造・・・日立アプライアンス、Hitachi Consumer Products (Thailand)

販売・サービス・・・日立コンシューマ・マーケティングJohnson Controls-Hitachi Air Conditioning Holding (UK)

 

<業績情報>

決算期 18年3月期 19年3月期
売上高 540,152 485,089
営業利益 33,352 29,560
営業利益率 6.2% 6.1%
従業員数(人) 11,290 11,279
一人当たり売上高 47.8 43.0
一人当たり営業利益 3.0 2.6

単位:百万円

 

 

日立製作所の歴代社長の経歴

執筆中

 

 

日立製作所の過去のリストラ

執筆中


  

日立製作所の就職・転職、採用情報 

新卒採用、就職情報

<採用コース>

日立製作所では職種ごとの採用は行っていません。最初の職種の選択は今後のキャリアで非常に重要なため、職種を選べずに入社するのには高いリスクがあります。今後、職種別採用も行うべきだと思います。

 

<募集職種>

研究開発、設計開発、生産技術、品質保証、システムエンジニア(SE)、営業、経理財務、資材調達、人事総務、生産管理、法務、知的財産マネジメント 等 

 

<新卒初任給>

高専卒 186,500円

学部卒 211,500円

修士卒 235,500円

※2018年実績

 

<賞与>

年2回

 

<昇給>

年1回

 

<勤務地>

国内全国各事業所、海外事業所

 

<採用人数・採用実績>

2015年 技術系500名 事務系100名

2016年 技術系500名 事務系100名

2017年 技術系500名 事務系100名

2018年 技術系500名 事務系100名

2019年 技術系500名 事務系100名 ※予定

 

 <大学別採用実績>

東京大学 43
京都大学 16
北海道大学 23
東北大学 35
名古屋大学 25
大阪大学 33
九州大学 16
一橋大学 5
筑波大学 17
東京外国語大学 5
東京工業大学 34
神戸大学 9
早稲田大学 48
慶應義塾大学 36
上智大学 19

出典:AERA2019年8月5日号

 

 

 

その他関連情報

格付けの状況

格付けとは格付け会社と呼ばれる会社その会社の信用力を評価してランク付けをしたもののことを言います。信用力とはその会社が債券を発行してお金を借りた場合に、そのお金をきちんと返せるかどうかのことを言います。つまり、格付けが高い会社は財務内容が良好で経営状態が安定していると見ることができます。

 

<長期債>

ムーディーズ A3
スタンダード & プアーズ A3
格付投資情報センター A+
日本格付研究所 -

※最終確認日:2019年9月 

 

<短期債>

ムーディーズ P-2
スタンダード & プアーズ A-1
格付投資情報センター a-1

※最終確認日:2019年9月

 

 

日立製作所の歴史と沿革

1910年 久原鉱業所日立鉱山付属の修理工場として発足

2003年 米国のIBM社からハードディスクドライブ事業を買収

2017年 日立工機の株式譲渡により、電動工具事業を売却

2019年 クラリオンの株式譲渡により、車載情報システム事業を売却

 

 

ニュース

2009年3月 2009年3月期決算で当期純損失として国内最大の7873億円の赤字を計上。

2018年4月 2021年度を目途に約800社あるグループ会社を500社程度まで削減する計画を発表

2019年9月 外国人技能実習生を計画とは異なる作業に従事させたことにより、その外国人技能実習生が在留資格の更新ができなくなり解雇される事態が発生。日立製作所は出入国在留管理庁から業務改善命令を受けた。

 

 

就職転職の企業研究に使える書籍

  

 

 

関連記事(年収・勤続年数等の企業研究)

就職転職活動の企業分析や年収、勤続年数、離職率等の職場環境の調査はこちらもあわせてご覧ください。