【転職面接の服装はスーツで】内定に近づく服装とは?

転職活動の面接にはどのような服装で行くのが良いのでしょうか?今回の記事では、転職活動の最大の山場である面接に向かうときの服装や注意点について解説します。こちらの記事を読んで転職面接の準備を進めていただければと思います。

【転職面接の服装はスーツで】内定に近づく服装とは?

 

転職面接の服装はスーツで!内定には服装も重要なポイント

転職面接の目的は内定を得ること。それを考えて服装を選ぶ

転職面接の最大の目的は内定を得ることです。そのためにはどのような服装をすれば内定に近づくかを考えて服装選びをしましょう。学生時代までは自分の好きな服を着れば良いのですが、ビジネスの世界で服装とは相手に良い印象を与える手段の一つと考えるべきです。そのように考えるとビジネスのスタンダードであるスーツが転職面接におけるベストな服装になります。

 

また、スーツの着こなしを考えるときには一つ一つのポイントについて「より仕事ができるように見えるか」「一緒に働きたいと思わせることができるか」を考えて準備をするようにしましょう。「何もそこまでしなくても」という方はやる必要はありませんが、小さな準備一つずつの積み重ねが内定の確率を押し上げることになるので、本気で転職活動を行う方には準備も念入りに行ってほしいと思います。

 

転職面接 服装のチェックポイント

・シャツにアイロンは掛けてあるか

シャツにアイロンが掛かっている人と、アイロンが掛かっていない人ではどちらが仕事ができるように見えるでしょうか。私はアイロンが掛かっている人だと思います。

 

・靴は磨いているか

靴は新品である必要はありませんが、手入れが行き届いている状態のものを履いていきましょう。

 

・スーツは体のサイズに合っているか

スーツはデザインに違いが少ない分、サイズやシルエットが印象を大きく左右します。体にフィットしたサイズを着ることが仕事ができる印象を与えるコツです。既製品でサイズが合わない人は、安いものでもいいのでオーダースーツを作ると体にフィットして印象がだいぶ変わります。

 

 

真夏の転職面接のスーツにジャケットは必要?

転職面接の服装でよく言われるのがスーツのジャケットが必要がどうかという疑問です。これについての答えは「ジャケットは持っていき、念のため面接直前に着る」が正解です。最近のクールビズの流れもあり、真夏の時期にスーツ・ネクタイの会社員はずいぶん減っているため、転職面接でジャケットを着ていっても「暑ければ脱いで下さい」と言われるケースが多いです。

 

しかし、転職面接の面接官は役職が高い人が担当することもあるため、「正式な選考の場にジャケットを着てこないとは」と思われるリスクもあります。一方で、ジャケットを持っていたとしてもマイナス評価になることはあり得ません。それを考えれば、ジャケットは念のため持っていくのが正解でしょう。

 

 

転職面接の服装のまとめ

転職面接では、新卒採用の時に比べて服装に気を抜いてしまっている転職希望者が多いように思います。だからこそ、服装などの準備をきちんと積み重ねている人が高い評価を得て、内定を勝ち取ることができるのです。ぜひ、服装には最大限の注意を払って準備を進めて、内定を勝ち取ってください。