口コミ評判・おすすめ

楽天カード発行申込はモッピー経由で1200円お得【ポイントサイト利用】

楽天カード発行申込はモッピー経由で3500円お得【ポイントサイト】

この記事を書いている人

モチタケ

・資産5000万円ほどを運用する個人投資家
・趣味の個人事業で月収7桁達成
・平日は東証一部上場企業本社のファイナンス担当(転職4社目)
・投資、副業、転職などのノウハウを配信
・東京都在住、ネコが好き

【保有資格】
・日商簿記1級
・税理士試験(財務諸表論、法人税法)
・CFP(ファイナンシャルプランナー)
・TOEIC900 など

楽天カードの発行申込は、ポイントサイトのモッピー経由で行うとポイントが貯まってお得です。

 

楽天カードは、年会費無料で楽天系列のサービスでポイントが大量に貯まるクレジットカードです。楽天系列のサービスは楽天経済圏といわれるほど多様なサービスを提供していることもあって、楽天カードはいま日本でもっとも使われているクレジットカードになりました。

 

楽天カードの発行申込をすると楽天カード公式サイトの入会特典がもらえますが、ポイントサイトのモッピーを経由すると更にポイントを貯めることが可能です。本記事では、楽天カードの入会をモッピー経由でお得に行う方法について解説します。

 

 

【関連記事】モッピーへの会員登録は入会キャンペーン利用がお得

【関連記事】エポスカード発行申込はモッピー経由でポイント貯まる

ブックマークして後で読む

記事のブックマークは、はてなブックマークボタンからどうぞ。オンライン上にブックマークを保存して、どのデバイスからでも記事が読めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. 楽天カード発行申込はモッピー経由で1200円お得【ポイントサイト】
    1. 楽天カード公式サイトの入会特典キャンペーン
    2. 楽天カードの追加入会特典【モッピー経由で申し込み】
  2. モッピーはポイントサイトで日本最大級のサイト【楽天カード以外も】
    1. モッピーとは?【無料会員登録だけでポイントが貯まる】
    2. モッピーを使ったポイントの貯め方、稼ぎ方
    3. モッピーの仕組み【モッピーのサイトを経由するだけでポイントゲット!】
    4. モッピーへの無料会員登録方法
    5. モッピーで貯めたポイントは換金や他社ポイントに交換できる
  3. 楽天カードの特徴【モッピーのカード案件の中でも良カード】
    1. 楽天カードの基本情報【ポイント還元率、年会費etc】
    2. 楽天カードのメリットデメリット【こんな人におすすめ】
    3. 楽天カードは年会費無料なのでモッピー経由で気軽に申し込める
    4. 楽天カードのポイント還元率は 0.5〜3.0%
    5. 楽天市場で楽天カードとモッピーを併用すればポイント還元率4%
    6. 楽天カードで貯めた楽天ポイントの使い道
    7. 楽天カードで貯めたポイントの有効期限
    8. 楽天カードは3種一体型【クレカ、楽天edy、楽天ポイントカード】
    9. 楽天カードの海外旅行保険は「利用付帯」タイプ
    10. 楽天カードに国内旅行保険は付帯無し
    11. 家族カード、ETCカードの作成
    12. 楽天カードで選べる国際ブランド【VISA、Mastercard、JCB、American Express】
  4. まとめ:楽天カード発行申込はモッピー経由で1200円お得【ポイントサイト】

楽天カード発行申込はモッピー経由で1200円お得【ポイントサイト】

楽天カードは年会費無料のクレジットカードですが、頻繁に入会キャンぺーンをやっていて入会するだけで大量のポイントをもらうことができます。本記事執筆時点で実施しているキャンペーンは以下の通りです。(2020年7月時点)

 

楽天カード公式サイトの入会特典キャンペーン

<楽天カードの入会特典①>

  • 新規入会特典で2,000ポイント (通常ポイント)がもらえる
  • 新規の申し込みで楽天カード/楽天PINKカードが発行した方が対象

※詳細条件は楽天カードHPをご確認ください。

 

 

<楽天カードの入会特典②>

  • カード利用特典として3,000ポイント (期間限定ポイント)がもらえる
  • 新規の申し込みで楽天カード/楽天PINKカードが発行した方が対象
  • カード利用期限までに1円以上、1回以上対象カードの利用が必要
  • 口座振替設定期限の時点で口座振替設定が完了していることが必要

※詳細条件は楽天カードHPをご確認ください。

 

 

<楽天カードの入会特典③>

  • 発行する楽天カードに電子マネーのEdy機能をつけると、Edyが500円分チャージされたEdy機能付き楽天カードがもらえる

 

 

楽天カードはこの入会特典だけでもかなりすごいですが、ポイントサイト日本最大級のモッピーを利用することで更にポイントを稼ぐことができます。

 

楽天カードの追加入会特典【モッピー経由で申し込み】

モッピー経由で楽天カードを発行した場合にもらえる入会特典は以下の通りです。以下の特典は楽天カード公式サイトの入会特典と二重取りすることができるので、併用すれば一気にポイントを稼ぐことができます。

 

<楽天カードの追加入会特典(モッピー)>

  • モッピー経由の楽天カード申し込みで1,200P(1,200円相当)のモッピーポイントがもらえる
  • ポイント獲得方法はモッピーのサイト上にある楽天カードへのリンクから、カード発行を申し込むだけでOK
  • 楽天カード公式サイトの入会特典と併用可
  • 対象カードは楽天カード、楽天PINKカード
  • カード申込後に本人によるカード受取が必須

 

モッピーは会員登録するだけで無料で使えるサービスなので、せっかく楽天カードを申し込むのであれば、もらえるポイントはしっかりもらっておきたいところですね。

 

モッピーはの使い方は非常に簡単で、会員登録をした後にモッピーのサイト上にある楽天カードのリンクから、カードの発行申込をするだけでOKです。モッピーの会員登録自体も本名や住所などの個人情報は必要なく、3分ほどで完了します。

 

↓モッピーの入会特典をもらうには、モッピーのサイトのリンクを経由するだけでOK

楽天カードの入会特典はモッピー経由でもらう

【モッピー公式ホームページ】https://pc.moppy.jp/

 

 

ここからはモッピーを知らない方のために、モッピーについて簡単に解説をまとめておきます。

 

モッピーはポイントサイトで日本最大級のサイト【楽天カード以外も】

モッピーとは?【無料会員登録だけでポイントが貯まる】

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーとは累計会員数800万人超の日本最大級のポイントサイトです。ポイントサイトとは、インターネット上で利用できるポイントカードのようなサービスを提供しているサイトで、ポイントサイトを経由して買い物をしたり、クレジットカードの申込、金融機関の口座開設などをすることでポイントを貯めることができます。

 

モッピーをはじめとするポイントサイトは、Tカード、楽天ポイントカード、pontaカードといったポイントカードのインターネット版と考えるとわかりやすいかもしれません。ポイントサイトで貯めたポイントは現金化できるほか、各種ポイント(Tポイント、楽天ポイントetc)に交換・移行することもできます。

 

 

<モッピーの特徴>

  • 会員登録をするだけで無料で利用できる
  • 累計会員数800万人超、日本で人気トップのポイントサイト
  • 運営会社は東証一部上場企業、運営実績10年超
  • 貯めたポイントは1P=1円として換金できる
  • 最低換金額は300ポイントからなので、こまめに交換できる
  • ポイントの交換先は現金、Tポイント、Amazonギフト券など30種類以上

 

 

<モッピーって何?>

モッピーとは?稼げる仕組みと口コミ評判【安全な稼ぎ方】

モッピーとは?稼げる仕組みと口コミ評判【安全な稼ぎ方】

 

<モッピー公式ホームページ>

ポイ活するならモッピー|ポイントサイトで副業とお小遣い稼ぎ
ポイントサイトでポイ活をするならモッピー。いつものネットショップをモッピー経由でお買い物するとポイントが貯まります。貯まったポイントは現金や電子マネー、マイルに交換可能で、お小遣い稼ぎや副業として活用できます。

 

モッピーを使ったポイントの貯め方、稼ぎ方

モッピーを使ってポイントを貯める方法は非常に簡単で、モッピーのホームページ上にある各サービスへのリンクを経由して、普段利用している会社のサービスを利用するだけでモッピーのポイントを貯めることができます。

 

モッピーでポイントが貯められる案件は、クレジットカードに限らず、大手ネット通販や旅行予約、レストラン予約など非常に幅広いので、日常生活の多くのシーンでポイントが貯められます。

 

 

<モッピーを使ったポイントの貯め方>

  • モッピーのサイトにあるリンクから、サービス利用するだけでポイントが貯まる
  • クレジットカード発行は一気にポインが貯まる高単価案件多数
  • amazon楽天市場ヤフーショッピングなど大手ネット通販でもポイントが貯まる
  • 食べログ”などでのレストラン予約、”じゃらん“などでの旅行予約でもポイントが貯まる

 

 

<モッピー-クレジットカード発行でポイント獲得->

モッピーのホームページのリンクからクレジットカード発行申込をすると、各カード公式サイトの入会特典とモッピーポイントの二重取りができます。年会費無料のクレジットカードもたくさんあるので、無料で大量ポイントを稼ぐことができます。

モッピー-クレジットカード発行でポイント獲得-

 

 

<モッピー-ネット通販でポイント獲得->

モッピーのホームページのリンクから楽天市場、ヤフーショッピングなどのネット通販を使うとポイントが貯まります。楽天市場で貯まる楽天ポイントや、ヤフーショッピングで貯まるTポイントと二重取りが可能です。

モッピー-ネット通販でポイント獲得-

 

 

<モッピー-レストラン予約でポイント獲得->

食べログやホットペッパーなどの大手レストラン予約サイトの利用も、モッピー経由で行うことでポイントが貯まります。

モッピー-レストラン予約でポイント獲得-

 

 

<モッピー-旅行予約でポイント獲得->

モッピー経由の旅行予約では、楽天トラベル、じゃらん、一休.com、エクスペディア、JTBなどが使えます。旅行予約は金額が大きくなりがちなので、モッピーを経由するとポイントが一気に貯まります。

モッピー-旅行予約でポイント獲得-

 

<モッピー-格安SIMでポイント獲得->

モッピーでは、スマホやタブレット端末に使う格安SIMの契約でもポイントが貯まります。ポイント単価が非常に高いので、格安SIMを契約予定の方は絶対にポイントをもらっておいた方がいいですよ。

モッピー-格安SIMでポイント獲得-

 

<モッピー-アプリダウンロードでポイント獲得->

モッピーではアプリをダウンロードするだけでポイントを獲得することも可能です。TikTokやSnowなどの人気アプリもあるので、気になるアプリがあればダウンロードしてみて小銭稼ぎをするのもいいですね。

<モッピー-アプリダウンロードでポイント獲得->

 

 

モッピーの仕組み【モッピーのサイトを経由するだけでポイントゲット!】

モッピーを利用されたことがない方には、どうしてモッピーのサイトを経由してサービスを利用するだけでポイントがもらえるのか不思議に思う方もいらっしゃると思うので、簡単にモッピーをはじめとするポイントサイトの仕組みについて解説します。

 

<モッピーの仕組み>

  • 企業がモッピーに広告料を払って、モッピーのサイト上に広告を載せてもらう
  • モッピーのユーザーは、モッピーのサイト上にある広告から企業のサービスを利用したり買い物をしたりする
  • モッピーは、企業のサービスを利用してくれたユーザーに、企業から貰った広告料の一部を還元する

 

 

<モッピーの仕組みの図解>

ポイントサイト モッピーの仕組み

 

この仕組みによって企業、モッピー、ユーザーの三者がそれぞれ得をするような形になっているわけですね。

 

<企業、ユーザー、モッピーがwin-win-winになる仕組み>

  • 企業は、モッピーにサービスを宣伝してもらうことで売上が伸びる
  • ユーザーは、モッピーを経由して企業のサービスを利用すればポイントが貯まる
  • モッピーは、企業からもらう広告料と、ユーザーに還元するポイントの差額を、手数料としてもらえる

 

モッピーへの無料会員登録方法

モッピーの利用登録は非常に簡単で、フリーメールなどの適当なメールアドレスと電話番号があれば3分ほどで完了します。登録や利用はもちろん無料で、気に入らなければいつでも退会可能です。退会時にも解約料や違約金などの費用は一切かからないので、クレジットカード申込やネット通販などでポイントを貯めたい方はお気軽にお試しください。

 

<モッピー無料会員登録>

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

【公式】モッピー無料会員登録ページ:https://pc.moppy.jp/

 

 

また、モッピーでは既存会員からの紹介で会員登録すると、条件達成で2,000Pがもらえるキャンペーンをやっています。キャンペーン対象として入会したい場合は、上記リンクから会員登録するとキャンペーン対象になりますのでよろしければご利用ください。

 

<紹介入会キャンペーンの内容>

  • 入会後、条件達成で新規入会者に2,000Pプレゼント
  • モッピー会員からの紹介ルートで入会した方が対象
  • 2020年9月30日までに5,000P以上獲得することが条件

 

<友達紹介キャンペーンについて>

モッピーの入会キャンペーンについては、別記事で解説していますのでよろしければどうぞ。

【関連記事】モッピー入会キャンペーン!紹介経由で入会特典をもらう方法

 

モッピーで貯めたポイントは換金や他社ポイントに交換できる

モッピーで貯めたポイントは換金や他社ポイントに交換できる

モッピーで貯めたポイントには現金や他社ポイント、電子マネーなど30種類以上の交換先が用意されています。皆さんが日ごろよく使われているTポイントや楽天ポイントに交換したり、現金化するなどすればポイントの使い道に困ることはありませんね。

 

<モッピーで貯めたポイントの交換先の種類>

  • 現金に換金(銀行振込など)
  • ギフト券
  • 電子マネー
  • 他社ポイント
  • スマホ限定の交換先
  • マイル
  • プリペイドカードに交換

 

 

<モッピーポイントを換金する場合の交換条件>

交換レート交換手数料最低交換ポイント
楽天銀行1P→1円105P300P
ゆうちょ銀行1P→1円66P300P
三井住友銀行1P→1円31P300P
みずほ銀行1P→1円154P300P
三菱UFJ銀行1P→1円154P300P
その他銀行・信用金庫1P→1円154P300P
ジャパンネット銀行1P→1円55P300P
PayPal1P→1円無料300P
GMOあおぞらネット銀行1P→1円154P300P
セブン銀行(ATM受取)1P→1円165P300P

モッピーポイントを直接換金する場合には手数料が掛かってしまうのがデメリットですが、サイバーエージェントの運営する「ドットマネー」を経由して現金化することで、手数料0で現金化することも可能です。

 

 

<モッピーポイントのギフト券等への交換条件>

交換レート交換手数料最低交換ポイント
iTunesギフトカード1P→1円無料500P
Amazonギフト券1P→1円無料500P
Google Playギフトコード1P→1円無料500P
Gポイントギフト1P→1円無料300P
QUOカードPay1P→1円無料500P
ふわっちギフトコード1P→1円無料300P
一休.com/一休.comレストラン1P→1円無料5000P
サーティワンアイスクリーム1P→1円無料290P
サンマルクカフェ1P→1円無料500P
上島珈琲店1P→1円無料500P

 

 

<モッピーポイントの電子マネーへの交換条件>

交換レート交換手数料最低交換ポイント
Webmoney1P→1ポイント無料300P
WAONポイント1P→1ポイント無料500P
nanacoポイント1P→1ポイント無料500P
LINEポイント1P→1ポイント30P~330P
Tポイント1P→1ポイント無料500P
楽天ポイント1P→1ポイント150P~650P
dポイント1P→1ポイント無料500P

 

 

<モッピーポイントの他社ポイントへの交換条件>

交換レート交換手数料最低交換ポイント
ポイント交換のPeX1P→10PeXポイント無料500P
ドットマネー by Ameba1P→1マネー無料500P
リアルエステートコイン1P→1コイン無料1000P

 

 

<モッピーポイントのマイルへの交換条件>

交換レート交換手数料最低交換ポイント
JALマイレージバンク2P→1マイル無料1000P

モッピーポイントから直接交換できるマイルはJALマイルだけです。モッピーポイントをANAマイルに交換したい場合は、他社ポイントや電子マネーなどを経由することで交換が可能です。詳細は関連記事をご覧ください。

【関連記事】モッピーポイントのマイルへの交換ルート

 

 

<モッピーポイントのプリペイドカードチャージの交換条件>

交換レート交換手数料最低交換ポイント
POINT WALLET VISA PREPAID1P→1円無料100P

 

 

交換先の多くが交換手数料無料になっていますが、一部手数料が掛かるものもあります。モッピーで貯めたポイントの交換先については別記事で解説していますのであわせてご一読ください。

【関連記事】モッピーでおすすめのポイント交換先と交換方法

 

楽天カードの特徴【モッピーのカード案件の中でも良カード】

入会キャンぺーンが非常にお得な楽天カード。ここからは楽天カードの特徴について解説していきます。

 

楽天カードの基本情報【ポイント還元率、年会費etc】

<楽天カードの基本情報>

入会費・発行手数料無料
年会費無料
解約手数料無料
ポイント還元率1% ※楽天市場では3.0%
ポイントの種類楽天ポイント
ショッピング保険なし
国内旅行保険なし(楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードには付帯)
海外旅行保険最高2,000万円(利用付帯)
申込資格18歳以上(高校生を除く)
ショッピング利用可能枠最大100万円
支払方法1回払い、分割払い、ボーナス払い、リボ払い
締め日・支払日月末締め・翌月27日払い
発行会社楽天カード㈱
国際ブランドVISA、Mastercard、American Express、JCB
ETCカード作成可(年会費無料)
家族カード作成可(年会費税込550円)

 

楽天カードのメリットデメリット【こんな人におすすめ】

楽天カードのメリットデメリットをまとめると以下のような感じですね。

 

<楽天カードのメリット>

  • ◎入会費、年会費、解約手数料等はすべて無料
  • ◎基本ポイント還元率は1%と高め
  • ◎楽天での買い物はポイント還元率3%超
  • ◎楽天カードで貯まる楽天ポイントは使い道が多く、有効期限も無限に延長可能
  • ◎月間利用額に対してポイント付与計算がされるので、無駄なくポイント貯まる(一回の利用ごとにポイント付与計算がされるカードは、切捨になる部分が多い)

 

 

<楽天カードのデメリット>

  • ×基本ポイント還元率はリクルートカード(1.2%)に劣る
  • ×そのほかはこれといったデメリットはなく優秀

 

 

<楽天カードはこんな人におすすめ>

  • 楽天サービスを利用する人
  • クレジットカードの利用に年会費等のコストを掛けたくない人
  • ポイントの有効期限を気にしたくない人(実質無期限に延長可能

 

楽天カードは年会費無料なのでモッピー経由で気軽に申し込める

楽天カードは年会費、発行手数料、解約手数料等が完全無料のクレジットカードです。そのため、モッピーのポイント目当てでクレジットカード発行をする方にも安心して発行頂けるクレジットカードです。

 

<楽天カードの手数料等>

  • 年会費:無料
  • 発行手数料:無料
  • 解約料:無料
  • 家族カード:作成可(年会費無料)
  • ETCカード:作成可(年会費税込550円)

 

楽天カードのポイント還元率は 0.5〜3.0%

クレジットカードを比較するときに最も気になるポイント還元率ですが、楽天カードの場合は基本還元率は1.0%で、利用シーンによってポイント還元率は0.5~3.0%に変動します。利用シーンごとのポンと還元率をまとめると以下の通りです。

 

 

<楽天カードのポイント還元率>

還元率 0.5%楽天カードから、楽天カードに付帯されている電子マネーの楽天Edyへチャージ ※楽天Edyをお買い物で使用した際にも0.5%相当のポイントが付くので、合計すると楽天Edyの使用による還元率は1.0%
還元率 1.0%通常のショッピング、公共料金のお支払い
還元率 2.0~3.0%楽天市場でのショッピングをはじめ、楽天ブックス、楽天トラベルなどの楽天系列のサービス利用

 

 

<ポイント付与の計算>

楽天カードで貯まるポイントは月間の利用額100円ごとに付与されることになっています。クレジットカードの中には、1決済ごとに端数切捨てになるクレジットカードが多いので、楽天カードのポイント計算はかなり良心的です。コンビニなどでの少額決済でも着実にポイントを貯めることができるカードです。

 

↓ポイント付与計算による有利不利(月間1650円使用した場合)

楽天カードのポイント付与計算【モッピー経由】

 

楽天市場で楽天カードとモッピーを併用すればポイント還元率4%

まずは皆さんも普段から利用しているであろう楽天市場。楽天市場では、楽天カードの利用で楽天ポイントが3%貯まりますが、更にモッピーを経由することでポイント還元率が4%になります。

 

<楽天市場で楽天カードを使う場合>

・楽天市場での買い物を楽天カードで支払えば、楽天ポイントが3%貯まる

・モッピーを経由して楽天市場で買い物をすれば、モッピーのポイントが1%貯まる

 

 

ポイント還元率4%というと、10,000円の買い物で400円なのでかなり大きいですよね。楽天市場で買い物をするときはぜひ楽天カードとモッピーのコラボで大量ポイントをGETしておきましょう。

 

楽天カードで貯めた楽天ポイントの使い道

楽天ポイントの使い道は、楽天系列のサービスはもちろん各種提携提携店やネットサービスなどでも使うことが可能です。

 

<楽天サービスで使う>

楽天ポイントは楽天系列サービスで利用することが可能です。楽天は、楽天経済圏と呼ばれるほど多様なサービスを展開しているのであらゆるシーンでポイントを使うことができますよ。

  • 楽天市場
  • 楽天ブックス
  • 楽天トラベル
  • 楽天モバイル
  • 楽天ビューティ
  • 楽天TV
  • 楽天ミュージック
  • 楽天チケット
  • 楽天オークション など

参考:楽天ポイント-使えるサービス-

 

 

<楽天カードの支払いに充てる>

貯まった楽天ポイントは楽天カードの支払いに充てることが可能です。ポイントが特定の店舗でしか使えなかったりすると、ポイントを使うために余計な出費をしてしまいがちですが、クレジットカードの支払いに充てられれば無駄な出費をせずにポイントを有効活用できます。

 

楽天ポイント(通常ポイント)を1ポイント=1円相当として、楽天カードのショッピング利用分の支払いに使うことが可能です。ポイントを支払いに充てるときは、楽天カードのマイページ(楽天e-NAVI)で申請をするだけで簡単に充当できます。

参考:楽天カード-ポイントで支払いサービス-

 

 

<飲食店で使う>

飲食店は大手チェーンを中心に使える店舗が幅広く、普段皆さんが使っている店舗もあるかと思います。

  • マクドナルド
  • すき家
  • くら寿司
  • ココス
  • ビッグボーイ
  • ジョリーパスタ
  • ミスタードーナツ
  • 築地銀だこ
  • 長崎ちゃんぽんリンガーハット
  • 吉野家
  • ロイヤルホスト
  • 大戸屋
  • 幸楽苑
  • ほっかほっか亭 など

参考:楽天ポイント-使える店舗-

 

 

<ショッピングで使う>

買い物では大手コンビニチェーンのファミリーマートや、ドラックストアでも使える店舗がたくさんあります。

  • ファミリーマート(コンビニ)
  • デイリーヤマザキ(コンビニ)
  • ポプラ(コンビニ)
  • コーナン(ホームセンター)
  • 大丸(百貨店)
  • ツルハドラック(ドラックストア)
  • 杏林堂(ドラックストア)
  • サンドラック(ドラックストア)
  • ココカラファイン(ドラックストア)
  • Right-on(衣料品)
  • 紳士服コナカ(衣料品)
  • スポーツデポ(スポーツ用品)
  • ゴルフ5(スポーツ用品)
  • ジョーシン(家電)
  • コジマ(家電)
  • ビックカメラ(家電)
  • MARUZEN(書店)
  • ジュンク堂書店(書店) など

 

 

<ガソリンスタンド>

ガソリンスタンドでも使えます。最寄りのガソリンスタンドが当てはまる方は便利に使えますね。

  • 出光サービスステーション
  • コスモ石油
  • キグナス石油 など

 

 

<ANAマイルに交換する>

楽天ポイントはANAマイルに交換することが可能です。また、反対にANAマイルから楽天ポイントに交換することも可能です。ただし、楽天ポイントの期間限定ポイントは、ANAマイルに交換できないのでご注意ください。

 

  • 楽天ポイント2ポイント → ANAマイル1マイル(50ポイント以上、2ポイント単位)
  • ANAマイル10000マイル → 楽天ポイント10000ポイント(10000マイル以上、10000マイル単位)

参考:ANA-楽天ポイントと交換-

 

「楽天ポイント→ANAマイル」は一般的な交換レートですが、「ANAマイル→楽天ポイント」は交換レートが悪いのでできるだけ避けた方がいいでしょう。楽天ポイントはコツコツとマイルを貯めて旅行に出かけるマイラーの方にも使いやすいポイントです。

 

 

<楽天Edyに交換する>

楽天Edyとは、楽天グループがサービス提供しているプリペイド式の電子マネーです。楽天Edyを使うには「楽天Edy機能付きの楽天ポイントカード」か「楽天Edy機能付きの楽天カード」が必要になります。楽天ポイントから1ポイント以上1ポイント単位でチャージすることが可能です。

参考:楽天Edy

 

 

<投資に使う>

楽天ポイントを使って投資をすることもできます。楽天グループの証券会社である楽天証券では、株式や投資信託の購入に楽天ポイントを使用することが可能です。

  • 現物株株、購入手数料
  • 投資信託

参考:楽天証券-ポイント投資-

 

なお、ポイント投資に使える楽天ポイントは通常ポイントのみで、期間限定ポイントは使えないのでご注意ください。

 

楽天カードで貯めたポイントの有効期限

<通常ポイント>

通常ポイントは最後にポイントを獲得した日から1年間が有効期間になります。ただし、有効期間内に1度でもポイントを獲得した場合は有効期限が延長となりますので、期間中に100円以上の支払いをすれば永久にポイントの有効期間を延長させることが可能です。定期的に楽天カードを利用していれば、ポイントの有効期限は実質無期限ですね。

 

 

<期間限定ポイント>

期間限定ポイントとは、楽天が不定期で実施しているキャンペーンなどで付与されるポイントで、通常ポイントとは別の有効期限が定められています。期間限定ポイントは通常ポイントに比べて有効期間が短く、有効期限の延長制度もないので期間限定ポイントが貯まっているときには早めに使うようにしましょう。

 

楽天カードは3種一体型【クレカ、楽天edy、楽天ポイントカード】

楽天カードは、楽天edyと楽天ポイントカードと一体型にすることができるので、楽天edyや楽天ポイントカードを利用している方にとっては複数のカードをまとめることができます。楽天edyは、全国35万店以上で使用することができる電子マネーで200円の利用ごとに1楽天スーパーポイントが貯まります。

 

楽天カードの海外旅行保険は「利用付帯」タイプ

楽天カードの海外旅行保険は、「利用付帯」と呼ばれるタイプの海外旅行保険で、楽天カードで定められた支払いをした場合のみ海外旅行保険が適用になります。

 

<海外旅行保険の適用要件>

下記の①、②のいずれかを楽天カードで支払っている場合に海外旅行保険が適用となります。

①自宅から出発空港までの交通費(電車、バス、タクシー、国内航空券代等)

②海外旅行代金(海外航空券代、海外ツアー料金)

 

自宅から出発空港までの自家用車代(ガソリン代や高速道路料金など)、レンタカー料金、空港利用税などは、上記の①、②に含まれていませんので、楽天カードで海外旅行保険の適用を受けようとする場合は、ぜひご注意ください。

 

 

<補償内容>

補償内容としては、一般的なクレジットカード付帯海外旅行保険の内容ですね。

補償額
障害死亡、後遺障害最高2000万円
障害治療費用最高200万円
疾病治療費用最高200万円
賠償責任最高2000万円
救援者費用最高200万円
携行品損害最高20万円

 

楽天カードに国内旅行保険は付帯無し

楽天カードに付帯されているのは海外旅行保険のみで、国内旅行保険は付帯されていません。

 

 

家族カード、ETCカードの作成

楽天カードの家族カード発行、ETCカード発行の取り扱いは以下のようになっています。

 

<家族カード>

作成可(年会費税込550円)

 

<ETCカード>

作成可(年会費無料)

 

 

楽天カードの家族カードは年会費が税込550円掛かってしまいます。本人名義のカードは年会費が無料なので、各人がカードを発行をすると良いでしょう。

 

一方で、ETCカードは年会費無料で作成が可能なので、利用予定が少しでもある方は作っておいても損はありません。

 

楽天カードで選べる国際ブランド【VISA、Mastercard、JCB、American Express】

楽天カードで選べる国際ブランドは、以下の通りです。

 

<楽天カードで選べる国際ブランド>

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express

 

年会費無料でアメリカンエキスプレスが選べるクレジットカードはめずらしいですね。アメリカンエキスプレスのカードを持っていない方は、楽天カードで発行してみるのも良いと思います。

 

まとめ:楽天カード発行申込はモッピー経由で1200円お得【ポイントサイト】

楽天カードはいま日本中で最も使われているポイントカードで、これから発行したいという方もたくさんいると思います。カードの発行費・年会費は無料ですが、せっかくカードを作るのであれば少しでもお得な方法で楽天カードの発行をしてみましょう。

 

 

 

モッピーのクレジットカード案件でおすすめのものを別記事で紹介していますので、よろしければどうぞ。

【関連記事】モッピーのクレジットカード発行のおすすめ案件

 

 

モッピーをはじめて利用される方は、無料でお小遣い稼ぎができると聞くと「怪しいサイト?」と思う人もいるかもしれません。結論から言えばモッピーは東証一部上場企業が運営している安全性の高いサイトですので安心してご利用ください。

【関連記事】モッピー(moppy)は安全なのか?悪質ポイントサイトの見分け方

 

 

 

ポイントサイト モッピー(moppy)の人気記事

モッピー入会キャンペーン!紹介経由の会員登録で入会特典GET!

モッピーの会員登録方法を解説【ポイ活の始め方】

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました