賃貸物件を借りるときの初期費用は?契約前に確認しておきたい事項

賃貸物件を借りる場合、毎月の家賃以外にも初期費用がいろいろと掛かるため思った以上に高額な出費になることも少なくありません。手続きを進めていくうちに費用がかさむことがわかって「こんなはずじゃなかった!」「貯金が足りない!」ということにならないよう賃貸物件での引越しに係る費用を確認しておきましょう。

賃貸物件の初期費用

賃貸物件を借りるときの初期費用は?契約前に確認しておきたい事項

 

賃貸物件の初期費用は概ね家賃の4~6か月分くらい

賃貸物件を借りる場合に係る初期費用の目安は、ざっくりと家賃の4~6か月分程度になります。どの物件を借りる場合でも掛かってくる初期費用には以下のようなものがあります。

 

・敷金

・礼金

・家賃と共益費(前払分も含む)

・保証会社利用料

・火災保険料

・鍵の交換費用

・不動産業者への仲介手数料

・引越し費用

 

それではそれぞれの費用の内容や金額についてみていきましょう。

 

 

敷金

敷金は部屋の借入に際して不測の事態があった場合に備えて、家主(オーナー)に預け入れる保証金です。そのため、敷金を使われるような事象が何も起きなかった倍には、原則的に解約時に借主に返還されるお金になります。

敷金が使われてしまうケースとしては、借りた部屋を解約する際に汚れや傷等がありその修理や清掃を行う場合や、家賃を滞納してしまい敷金を家賃に充当されるような場合があります。

敷金の金額の相場としては家賃の0.5か月分~2か月分くらいが一般的でそれほど安い金額とは言えませんが、敷金はルールを守って部屋をきれいに使用していれば返還されるものなので、敷金が高い物件であってもそれほどデメリットにはなりません。

 

 

礼金

部屋を借りる際に家主(オーナー)への謝礼金として支払うもので、家賃の0.5か月分~2か月分くらいが一般的です。敷金と違い返還されるものではないので、できるだけ金額を押さえたい所です。住居費を節約したい場合、家賃の値下げ交渉にくらべて礼金の値引き交渉は一時のものなので通り易いです。

 

 

家賃と共益費(前払分も含む)

賃貸物件に入居する場合には、入居月の日割り家賃とその翌月分の賃料を入居時にまとめて支払うのが一般的です。そのため、入居する日にちにもよりますが家賃の1.5~2か月分が入居時には掛かってきます。

 

 

保証会社利用料 

賃貸物件を借りる場合には家賃の支払いが滞った時に備えて保証人を立てる必要があります。連帯保証人が使える場合で親などに連帯保証人を頼める場合には問題ありませんが、連帯保証人となってくれる身内の人がいないケースや連帯保証人を設定できず保証会社の利用が必須となっているケースもあります。その場合の保証会社の利用料は家賃の0.5か月分~1か月分程度が目安になります。

 

 

火災保険料

賃貸物件を借りる場合には火災保険への加入が義務付けられており、一般的には2年契約で1万5千円~2万円程度になります。加入する火災保険は物件のオーナーや不動産業者が案内してくれるものに加入される方が多いですが、知り合いに保険会社の人がいる場合や自分で安い保険を探したい、という場合には、オーナーや不動産業者と交渉することで自分で選んだ火災保険に加入ができるケースもあります。火災保険は慣れていないと自分で選ぶのは難しいですが、自分で選んだ保険の方が多少割安になるケースが多いようです。

 

 

鍵の交換費用

物件によっては鍵の交換費用を請求されるケースもあります。費用の目安としては1万円~2万円程度となっており、セキュリティが強固な鍵ほど費用が高くなります。

 

 

不動産業者への仲介手数料

賃貸物件の多くは不動者業者を通じて紹介してもらいますので、不動産業者に仲介手数料を支払う必要があります。仲介手数料はその業者や物件ごとに違いますが、家賃の0.5~1か月分程度が目安となります。なかなか借主が見つからず長期間空き家になってしまっている物件では、仲介手数料を0円にすることで次の入居者を早く見つけようとするようなケースもあります。

 

 

引越し費用

引越しを行う方法として一番多くの人が選択するのが引越し業者を利用しての引越しだと思います。引越し業者を利用しての引越し費用は、引越し先までの距離、人数、荷物の量、引越しの時期などによって掛かる金額が異なってきます。引越し費用を少しでも安くしたい場合には、引越し業者の繁忙期(2~3月)を避ける、荷物の量を減らす、などの対策があげられます。また、引越し料金の一括見積などを利用して安い業者を探したり、相見積もりによって各業者間で価格競争をさせると値下げをさせることが可能です。具体的な金額水準については、一括見積サイトで調べてみるのが一番早くて確実です。

 

私が引越しをするときに使用している引越し一括見積サイトを掲載しておきます。見積もりを出しすぎると電話やメールが来すぎるのでご注意ください。。

 

<引越し一括見積サイト>

LIFULL引越し見積もり

引越し一括見積なら引越し侍(大手~地元密着型まで一括見積)


 

賃貸物件の初期費用 まとめ

賃貸物件を借りる際の初期費用は、はじめて引越しをされるような方にとってはなかなかイメージが付きづらいのではないでしょうか。とはいえ、一度経験してしまえばなんてことはないものです。自分で引越しの手続きを進めるのはとても勉強になりますので、ぜひ自分なりにいろいろと調べてお気に入りの家に引っ越しをしてみてください。