鶴岡八幡宮の見どころ!営業時間、駐車場、おみくじ、御朱印情報

神奈川の鎌倉、藤沢エリアと言えば鶴岡八幡宮、江ノ島、江ノ電、高徳院の大仏、長谷寺のアジサイなど観光スポットが目白押しです。先日、約2年ぶりに鶴が丘八幡宮に観光に行ってきましたので、鎌倉~鶴岡八幡宮の見どころをご紹介したいと思います。

本堂を遠くから

鶴岡八幡宮の見どころ・観光情報!営業時間、駐車場、おみくじ、御朱印ほか

 

鶴岡八幡宮は源氏ゆかりの神社

鶴岡八幡宮は源頼朝ゆかりの神社で、その歴史は1063年にさかのぼります。源頼朝の祖先にあたる源頼義が信仰していた京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺に祀ったのが始まりで、その後、1180年に源頼朝が現在の場所に鎌倉幕府の宗社として移転をしました。現在の本殿は1828年に、江戸幕府11代将軍、徳川家斉により建造されたものです。なお、鶴岡八幡宮の境内は国の史跡にも指定されています。

 

 

鶴岡八幡宮(鎌倉駅)へのアクセス

東京方面から敦賀岡八幡宮の最寄駅である鎌倉駅へ行く場合は、湘南新宿ラインでのアクセスが乗り換えも少なく便利です。観光をより楽しみたい方は藤沢駅から江ノ電に乗って鎌倉へアクセスする方法もおすすめです。藤沢駅から鎌倉駅までの江ノ電での所要時間は30分ほどで、海や江ノ島がとてもきれいに見えるため大変おすすめです。

 

 

鶴岡八幡宮の見どころと観光レビュー

鎌倉駅から鶴が丘八幡宮へは寄り道せずに歩いていくと15分ほどで着きますが、鶴が丘八幡宮までのメインルートである小町通にはたくさんの飲食店やお土産もの屋が立ち並んでいます。のんびりと気になるお店に寄り道しながら歩いていくのがお勧めです。

小町通り 入口

小町通の入り口には大きな鳥居があります。小町通の入り口のわきには神奈川の有名なお土産の鳩サブレのお店があります。 

 

小町通り 門

小町通は鶴岡八幡宮までのメインルート。道中には飲食店やお土産屋がたくさんあるので寄り道をしながらゆっくり歩いていくのがおすすめです。 

 

 

小町通り外観

小町通は観光客でいっぱいでした。外国の方もたくさん来ています。

 

ゆかた着付け

小町通~鶴岡八幡宮には浴衣をきている人が多くいましたが、どうやら浴衣の着付けサービスが流行っているようです。料金も安めなので旅のいい思い出になりますね。

 

参道1

 鶴岡小町通を道なりに進んでいくと鶴岡八幡宮の参道である「若宮大路」にたどり着きます。ここまで来れば鶴岡八幡宮は目の前です。

 

この「若宮大路」ですが、実は由比ヶ浜から鶴岡八幡宮まで続いています。整備されてきれいな参道なので、由比ヶ浜から鶴岡八幡宮八幡宮までおよそ2kmの道をブラブラと歩いてみるのもおすすめです。

 

参道2

鶴岡八幡宮の本殿が見えてきました。

 

手を洗う1

本殿に入る前に手と口を清めます。神社ではよくこの設備をみかけますが、なんと呼ぶのか知らず調べてみるとどうやら手水舎(てみずや・ちょうずや)という名前のようです。 

 

手を洗う2

手水舎(てみずや・ちょうずや)での手と口の清め方と作法

手水舎はよく神社で見かけるものの正しい使い方を知らない方も多いのではないでしょうか。正しい使い方は一度覚えれば気持ちよく参拝ができますよ。

 

<手水舎でのお清め作法>

①手水舎に入る前に手水舎の前で一礼。

②右手で柄杓(ひしゃく)を持って水を汲み、左手を洗って清める。

③今度は左手で柄杓を持って水を汲み、右手を洗って清める。

④柄杓を右手に持ち替えて水を汲み、左手に水を溜めて、口を清める。

⑤残った柄杓の水で口が付いた左手を清める。

⑥柄杓の持ち手の部分を流水で清め、柄杓を元の場所にうつぶせにしてもどす。

 

夏場の観光ではこのお清めの水が気持ちいですね。

 

本堂を遠くから

階段を上って本殿へ向かいます。

 

本堂

近くでみると大きいですね。中にはお参りをする場所と大きいお賽銭箱があります。神聖な場所なので写真の撮影は禁止です。

 

おみくじ

本殿の横ではおみくじを引くことができます。100円です。おみくじ箱から番号の付いた棒をだすと、係の人がその番号に該当するおみくじを出してくれます。

 

おみくじ凶

なんと凶がでました。。今が一番苦しいとき、苦しいが世のために頑張りなさい、とのお告げをいただきました。

 

結ぶ

凶が出たので、おみくじを結ぼうとすると「凶、大凶みくじは赤い箱の凶運みくじ箱納め箱へお入れください」の指示が。赤い箱を探します。

 

結ばず箱へ

赤い箱は本殿の脇にありました。これが凶運みくじ納め箱のようです。そもそも凶なんてあまり出たことがないので初めて見ました。 

 

箱への入れ方

凶運みくじ納め箱の作法もちゃんと書いてあります。指示通りにおみくじを結んで箱に入れました。

 

 

鶴岡八幡宮は鎌倉でもおすすめの観光スポット

鶴岡八幡宮をはじめとする鎌倉、江ノ島エリアは狭い範囲にたくさんの観光地があり、一日でいくつも周ることができるのが魅力です。皆さんも鎌倉、江ノ島観光でリフレッシュをされてみてはいかがでしょうか。

 

 

鶴岡八幡宮の料金、開館時間、駐車場情報

料金

拝観料 無料

宝物殿 大人200円 小学生100円

ぼたん庭園 大人500円 中高生200円

 

営業時間

拝観時間 6時~21時(10月から3月)、5時~21時(4月から9月)

宝物殿 8時30分~16時

 

駐車場

駐車スペース 普通車40台、大型車8台

営業時間 9時~19時30分

駐車料金 1時間まで600円、以降30分ごと300円