VIASOカード(ビアゾカード)は自動キャッシュバックで便利もポイント失効には注意

本記事ではネットショッピングで最大10%以上のポイント還元率が実現できるクレジットカード「VIASOカード(ビアゾカード)」について、メリットデメリット、ポイント還元率、年会費、締め日などをファイナンシャルプランナー(FP)資格の最高位であるCFPを持つ筆者がわかりやすく解説します。

 

VIASOカード(ビアゾカード)は、クレジットカード大手の三菱UFJニコスが発行するクレジットカードです。通常の還元率は0.5%と一般的な水準ですが、VIASO e ショップ呼ばれるサイトを経由してネットショッピングを行うと最大で10%以上の高還元率を実現することができるカードです。また、ポイントは1年ごとに指定口座に自動キャッシュバックされるのでポイントの利用方法に悩むことがない便利なカードです。

VIASOカード(ビアゾカード)は自動キャッシュバックで便利もポイント失効には注意

VIASOカード(ビアゾカード)は自動キャッシュバックで便利もポイント失効には注意

20秒でわかるVIASOカード(ビアゾカード)の概要とメリット

まずは20秒でわかるようにVIASOカード(ビアゾカード)の概要とメリットデメリットをまとめました。

 

<VIASOカード(ビアゾカード)の概要とメリットデメリット>

・ポイント還元率は0.5%~10.5%以上

・貯まったポイントは自動キャッシュバックで無駄がない

・ポイントは1年で1000ポイント貯まらないと失効してしまう

・年会費、発行手数料は無料

・海外旅行保険は利用付帯で最高2000万円(国内旅行保険はなし)

 

それでは、ここからVIASOカード(ビアゾカード)の詳細について解説していきたいと思います。

 

 

VIASOカード(ビアゾカード)ポイント還元率は 0.5%~10.5%以上

ポイント還元率とは、「クレジットカードをいくら使うといくら分のポイントが貯まるか」の割合のことを言います。例えば、クレジットカードで10000円分のお買い物をして50円相当のポイントが貯まった場合には、50円÷10000円でポイント還元率0.5%ということになります。一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%程度に設定されている場合が多いです。

 

VIASOカードのポイントは、通常のカード利用で貯まる通常ポイントとVIASO e ショップ経由でお買い物をした場合に貯まるボーナスポイントの2種類があります。

 

通常ポイントだけでは還元率は高いとは言えませんが、Amazonや楽天を利用される方は、いつものネットショッピングをする際にVIASO e ショップを経由するだけで高還元率が実現できます。

 

通常ポイント

・通常のお買い物(0.5%)

・携帯電話料金のお支払い(ドコモ、au、softbank)(1.0%)

・インターネットプロバイダー料金のお支払い

(Yahoo! BB、BIGLOBE、OCN、ODN、au one net)(1.0%)

 

ボーナスポイントが付くお買い物(viaso e ショップ経由でのお買い物)

・Amazon(通常ポイント0.5% + ボーナスポイント0.5%)

・楽天(通常ポイント0.5% + ボーナスポイント1.0%)

・ヤマダウェブコム(通常ポイント0.5% + ボーナスポイント1%)

・ビックカメラ.com(通常ポイント0.5% + ボーナスポイント2%)

・じゃらんnet(通常ポイント0.5% + ボーナスポイント2%)

・JTBツアー(通常ポイント0.5% + ボーナスポイント2%)

・大丸松坂屋オンラインショッピング(通常ポイント0.5% + ボーナスポイント3%)

・東急百貨店ショッピングサイト(通常ポイント0.5% + ボーナスポイント3%)

・トレンドマイクロオンラインショップ(通常ポイント0.5% + ボーナスポイント10%)

・マカフィーストア(通常ポイント0.5% + ボーナスポイント10%)

 

ここに紹介したのはほんの一例ですので、VIASO e ショップでご自身がいつも使っているネットショップがないか探してみると良いでしょう。

 

また、各ショップは定期的にポイント還元率アップのキャンペーンも実施しているので見逃せません。

 

www.point-meijin.com

 

ポイントの付与計算

通常ポイント

・月間利用金額100円(税込)につき0.5~1.0ポイントが付与

(1回のお買い物ごとに100円未満の金額は切捨)

 

ボーナスポイント

・1回のお買い物(税抜)ごとにポイントを付与

 

 

貯めたポイントは指定した銀行口座に自動でキャッシュバック

VIASOカードの最大の特徴は、貯めたポイントが自分の銀行口座に年に1回自動でキャッシュバックされるということです。

 

クレジットカードはのポイントは、商品と引き換えであったり、他のポイントサービスと交換というクレジットカードが多い中、自動でキャッシュバックが受けられるというのは、使い道を考える手間やポイント交換の申し込みをする手間がなく、無駄がありません。

 

自動キャッシュバックの仕組み

・入会月の翌年の同月に1000ポイント以上貯まっている場合は、1ポイント1円として指定した銀行口座に振り込み

 

・2年目以降も入会月に1000ポイント以上貯まっている場合は、1ポイント1円として指定した銀行口座に振り込み

 

例)1月に入会した場合

・2月~翌1月付与分のポイントをキャッシュバック

 

 

注意点としては、ポイントを交換することになる入会月の時点でポイントが1000ポイント以上貯まっていない場合には、ポイントがすべて消滅してしまうという点です。

 

VIASOカードのポイント還元率は通常で0.5%なので、単純計算ですと20万円以上(月換算すると約1万7千円)のカード使用が必要になるということです。

 

 

 

VIASOカード(ビアゾカード)で選べる支払い方法

VIASOカード(ビアゾカード)で社支払方法を書きの中から選択することができます。リボ払いや分割払いなどの金利手数料が掛かる支払い方法を選択すると、あっという間にポイント還元率以上の損失が出てしまいますので、できるかぎり金利手数料の発生しない支払い方法を選択してください。

 

<金利手数料なし>

・1回払い

・2回払い

・ボーナス払い

 

<金利手数料あり>

・リボ払い

・分割払い

 

 

VIASOカード(ビアゾカード)の利用限度額と上限金額

VIASOカード(ビアゾカード)の利用限度額は審査により10万円~100万円の間で設定されます。

 

利用限度額とはそのクレジットカードを使用してどれだけの金額の買い物ができるかとの上限です。この利用限度額は毎月の支払金額のことではなく、クレジットカードで買い物をした金額のうちまだクレジットカード会社に支払っていない金額のことになります。例えば、7月~11月の間に12月のボーナス一括払いで支払いをしている場合、7月~11月の間のお買い物の合計額がクレジットカードの利用限度額の範囲内である必要がありますのでご注意ください

 

<利用限度額とは?>

✖  毎月の利用限度額

〇 クレジットカード会社にまだ支払っていない金額の合計

 

利用可能額の初期設定は、審査を受けた時点での個人の収入や職業によって異なり、正社員など定期的な収入のある方の場合には高めに設定されていたり、一方、フリーターや専業主婦のように定期的な収入がない方の場合には10万円など低めに設定されたりします。

 

利用可能限度額の初期設定が低く設定されてしまった場合であっても、クレジットカードを定期的に利用して支払いをきちんと行っていれば後日利用可能限度額を上げてもらうことも可能になります。

 

 

VIASOカード(ビアゾカード)の締め日と支払日

VIASOカード(ビアゾカード)では、利用金額の締め日と支払日は以下のように設定されています。

 

<締め日>

請求金額の締め日は毎月5日

 

<支払日>

支払日は締め日の当月27日(銀行休日の場合は翌営業日)

 

(例)

わかりやすく例をあげると、2月6日~3月5日の間のカード利用代金を3月27日に支払うイメージになります。

VIASOカード(ビアゾカード)の締め日と支払日のイメージ図

 


入会費、年会費、解約手数料などの費用は?

<VIASOカードを保有すると掛かる費用>

入会金 無料
カード発行手数料 無料
年会費 無料
解約手数料 無料

入会金、カード発行手数料、年会費、解約手数料はすべて無料となっています。

 

 

VIASOカード(ビアゾカード)で選べる国際ブランド 

master card

VIASOカードでは対応している国際ブランドは、Matercardのみになります。

 

 

申し込み資格

・満18歳以上の方で安定した収入のある方

・満18歳以上で学生の方(高校生を除く)

 


VIASOカード(ビアゾカード)のポイント還元率、年会費、締め日のまとめ

VIASOカードは、VIASO e ショップを利用したネットショッピングがお得なカードです。

 

普段からネットショッピングを利用されている方は、VIASO e ショップをチェックしてご自身が使うショップの還元率を調べてみると良いでしょう。

 

また、ポイントが自動で指定口座にキャッシュバックされるので、クレジットカードのポイントの使い道に迷うことの多い方にもおすすめのカードです。