転職・キャリア

パナソニック役員 専務 社長 会長の年収給料【役員報酬、ボーナス賞与】

パナソニック役員 専務 社長 会長の年収給料【役員報酬、ボーナス賞与】

【人気記事】超大手企業への転職で使用した転職エージェント2社

【人気記事】楽天・ヤフーショッピングのポイント還元率を+1%する方法(モッピーの使い方)

 

 

こんにちは、モチタケです。本記事シリーズでは大手上場企業の役員、社長、会長などの気になる年収給料を調査しています。役員の年収を知ることで「いつかは自分もそれくらい稼ぐぞ」と考えらえるか、「自分はこんなに頑張っているのに役員よりこんなに年収が低いのか。。」と考えるかは自分次第ですね。ぜひ参考にしてみてください。

 

他の企業の役員報酬については、【記事一覧】大企業の役員報酬にまとめてありますので、あわせてご覧ください。(新しいウインドウが開きます。)

 

ブックマークして後で読む

記事のブックマークは、はてなブックマークボタンからどうぞ。オンライン上にブックマークを保存して、どのデバイスからでも記事が読めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニック役員 専務 社長 会長の年収給料【役員報酬、ボーナス賞与】

パナソニックの役員の役職別の年収は以下の通りです。

役職年収内訳総額人数平均年収
取締役基本報酬583
取締役業績連動報酬337
取締役ストックオプション165
取締役合計1,0859121
監査役基本報酬80240
社外取締役基本報酬65416
社外監査役基本報酬39313

単位:百万円

パナソニック 有価証券報告書(2019年3月期決算)を元に筆者作成

 

パナソニックの役員の年収を他の大手企業の役員報酬と比較してみましょう。

<役員報酬の他社比較>

会社名年度役職一人当たり平均
伊藤忠201903取締役346
キヤノン201812取締役197
三菱商事201903取締役162
三菱電機201903執行役128
パナソニック201903取締役121
日立製作所201903執行役103
三菱重工201903取締役102
ソニー201903執行役90
日本航空201903取締役54
富士通201903取締役53
メルカリ201906取締役50
東日本旅客鉄道201903取締役45

単位:百万円

 

<年収1億円以上の役員>

年収(役員報酬)が1億円以上の上場会社役員は、有価証券報告書にその報酬の額を開示することとされています。

パナソニックの場合、年収1億円以上の役員は5名で、各役員ごとの年収は以下の通りです。

氏名役職年収(百万円)
津賀 一宏取締役(社長)255
伊藤 好生取締役161
樋口 泰行取締役(専務)151
佐藤 基嗣取締役141
長榮 周作取締役(会長)118

単位:百万円

 

パナソニック 樋口泰行専務の役員報酬【年収給料、ボーナス賞与】

パナソニックの専務の役員報酬や年収について深堀していきたいと思います。

パナソニックの樋口泰行専務は、1980年に松下電器産業のエンジニアとしてキャリアをはじめ、その後、数々の外資系企業で華々しい経歴を築き上げ、2017年にパナソニックに復帰しました。そんな樋口泰行専務はどれほどの役員報酬、年収を稼いでいるのでしょうか。

 

<樋口泰行専務の役員報酬・年収>

年収内訳総額(百万円)
基本報酬75
業績連動報酬57
ストックオプション19
合計151

パナソニック 有価証券報告書(2019年3月期決算)を元に筆者作成

 

上場会社の役員の役員の多くは自社の株式を保有しており、会社からもらう役員報酬以外にも、保有する自社の株式から配当金が年収として入ってきます。樋口泰行専務の配当による年収と、保有する自社の株式の資産価値は以下の通りです。

 

<自社の株式からの配当金収入>

氏名保有株数一株配当(円)配当年収(円)
樋口 泰行21,80030654,000

パナソニック 有価証券報告書(2019年3月期決算)を元に筆者作成

 

<保有する自社の株式の資産価値>

氏名保有株数株価資産価値(円)
樋口 泰行21,80079317,287,400

※2020年5月15日時点株価で算定

 

 

<樋口泰行専務の主な経歴>

年月年齢経歴
1980年4月23歳大阪大学工学部卒業
1980年4月23歳松下電器産業入社
1991年4月34歳ハーバードビジネススクール卒業
1992年4月35歳ボストンコンサルティンググループ入社
1994年4月37歳アップルコンピュータ入社
1997年4月40歳日本ヒューレット・パッカード入社
2003年5月46歳日本ヒューレット・パッカード代表取締役社長
2005年3月48歳ダイエー代表取締役社長
2007年3月50歳日本マイクロソフト代表執行役COO
2008年4月51歳日本マイクロソフト代表執行役社長
2015年7月58歳日本マイクロソフト代表執行役会長
2017年4月60歳パナソニック専務執行役員 コネクテッドソリューション社 社長

 

パナソニック 津賀一宏社長の役員報酬【年収給料、ボーナス賞与】

パナソニックの津賀一宏社長は、1979年に23歳でパナソニックの前身である松下電器産業に入社し、33年の勤務を経て社長に上り詰めました。パナソニックのトップである津賀一宏社長の主な経歴、役員報酬と年収の詳細は以下のようになっています。

 

<津賀一宏社長の役員報酬・年収>

年収内訳総額(百万円)
基本報酬104
業績連動報酬84
ストックオプション67
合計255

パナソニック 有価証券報告書(2019年3月期決算)を元に筆者作成

 

津賀一宏社長の配当による年収と、保有する自社の株式の資産価値は以下の通りです。

 

<自社の株式からの配当金収入>

氏名保有株数一株配当(円)配当年収(円)
津賀 一宏72,800302,184,000

パナソニック 有価証券報告書(2019年3月期決算)を元に筆者作成

 

<保有する自社の株式の資産価値>

氏名保有株数株価資産価値(円)
津賀 一宏72,80079357,730,400

※2020年5月15日時点株価で算定

 

 

<津賀一宏社長の主な経歴>

年月年齢経歴
1979年4月23歳パナソニック㈱ 入社
2001年6月45歳マルチメディア開発センター所長
2004年6月48歳役員に就任
2008年4月52歳常務役員 パナソニック オートモーティブシステムズ社 社長
2011年4月55歳専務役員 AVCネットワークス社 社長
2011年6月55歳専務取締役
2012年6月56歳取締役社長
2017年6月61歳代表取締役社長、社長執行役員、CEO

 

パナソニック 長榮周作会長の役員報酬【年収給料、ボーナス賞与】

パナソニックの長榮周作会長は、1972年に22歳で松下電工に入社して、38年後に60歳でパナソニック電工の社長に就任しました。その後、パナソニックの副社長などを務め、2013年からパナソニックの会長職についています。長榮周作会長の主な経歴、役員報酬と年収の詳細は以下のようになっています。

 

<長榮周作会長の役員報酬・年収>

年収内訳総額(百万円)
基本報酬100
業績連動報酬0
ストックオプション18
合計118

パナソニック 有価証券報告書(2019年3月期決算)を元に筆者作成

 

 

長榮周作会長の配当による年収と、保有する自社の株式の資産価値は以下の通りです。

 

<自社の株式からの配当金収入>

氏名保有株数一株配当(円)配当年収(円)
長榮 周作41,900301,257,000

パナソニック 有価証券報告書(2019年3月期決算)を元に筆者作成

 

<保有する自社の株式の資産価値>

氏名保有株数株価資産価値(円)
長榮 周作41,90079333,226,700

※2020年5月15日時点株価で算定

 

 

<長榮周作会長の主な経歴>

年月年齢経歴
1972年4月22歳松下電工㈱ 入社
2004年12月54歳松下電工㈱ 経営執行役
2007年6月57歳松下電工㈱ 常務取締役
2010年6月60歳パナソニック電工㈱ 取締役社長
2011年4月61歳パナソニック㈱ 専務役員
2012年1月62歳パナソニック㈱ エコソリューションズ社 社長
2012年6月62歳パナソニック㈱ 取締役副社長
2013年6月63歳パナソニック㈱ 取締役会長

 

パナソニックの役員の年収体系【ボーナス賞与】

パナソニックの役員の年収はどのような体系になっているのでしょうか。上場企業の社長をはじめとする役員には、従業員でいうところの毎月の給料に相当する基本報酬・固定報酬、従業員でいうところのボーナス賞与に相当する業績連動報酬や株価連動報酬などが支給されます。

それではパナソニックの役員の年収体系、役員報酬について見てみましょう。

 

<パナソニックの役員報酬の体系>

基本報酬・・・固定報酬

業績連動報酬・・・短期インセンティブとしての報酬で売上高、営業利益、フリーキャッシュフローなどを指標として決定

株式報酬型ストックオプション・・・譲渡制限付株式報酬制度

 

※譲渡制限付株式とは役員などに対して、一定期間売却することができず一定期間内に退任等をすると没収されるという条件付きの株式を付与するものです。これを付与された役員は、株価を上昇させることで受け取る報酬額(受け取った株式の価値)を増やせることから、役員と株主が企業価値(株価)の上昇に向けて取り組むようにすることができます。

 

パナソニックの役員報酬と従業員の年収を比較

次にパナソニックの役員と従業員の年収を比較してみましょう。

 

<役員と従業員の年収を比較>

年収(円)従業員との比率(倍)
役員最高年収255,000,00032.9
取締役120,555,55615.6
監査役40,000,0005.2
社外取締役16,250,0002.1
社外監査役13,000,0001.7
従業員 平均7,744,759

パナソニック 有価証券報告書(2019年3月期決算)を元に筆者作成

 

パナソニックの役員と従業員の年収を比較してみると、役員で最高額の年収と従業員平均年収との比率は実に32.9倍、取締役と従業員平均年収との比率でも15.6倍の差があります。この差を見て「いつかは自分もそれくらい稼ぐぞ」と考えらえるか、「自分はこんなに頑張っているのに役員よりこんなに年収が低いのか。。」と考えるかは皆さん次第ですね。

 

 

.

 

役員はなぜ高額の役員報酬・ボーナスが貰える?【役員と従業員の年収の違い】

一般の従業員とはかけ離れた高額な役員報酬・ボーナスを貰う事ができる役員とはいったい何者なのでしょうか。

役員とは、一般的には会社の業務執行や監査などを行う権限のある幹部社員のことを言い、実は役員と従業員は、それぞれ会社との関係がまったく違うのです。

 

会社と従業員の関係は雇用関係であり、労働力を提供してもらうために労働契約を結んでいます。そのため、従業員は役員をはじめとする会社の幹部たちの指揮命令に従って働くことが求めら、その対価として給料が支払われます。あくまで指揮命令に従って働くという関係なので、それほど高い年収は望めません。

 

一方で、会社と役員の関係は委任関係で、株主から会社の経営を任されているという間柄になります。そのため、サラリーマン社長のように一般の従業員であった人が役員になる場合には、役員に昇格する際に従業員として会社をいったん退職し、あらためて委任関係で会社と関わることになります。

 

役員と従業員はこのような会社との関係性の違いにより、従業員は指揮命令に従ってそれほど高くない年収で労働力を提供し、役員は会社を経営するたちばにあるので労働の対価だけでなく、役員たちが会社を運営して稼いだ利益を分配してもらうことができるので、高額な役員報酬を得ることができるのです。

 

<役員と従業員の会社との関係性の違い>

従業員 → 会社とは雇用関係(指揮命令に従って労働力を提供)

役員 → 会社とは委任関係(会社の経営を頼まれている)

 

<役員と従業員の年収・ボーナスの違い>

従業員 → 労働の対価としての給料・ボーナス

役員 → 業務執行の対価としての給料・ボーナス+会社の利益分配

 

役員の賞与・ボーナスの金額はどうやって決める【役員報酬は自由には決められない】

役員の年収は、従業員の年収と異なり、その金額を定めるにあたっては様々な規制があります。具体的には役員の年収(役員報酬)は以下の手続きを経て決定されます。

 

<役員の年収(役員報酬)の決定フロー>

・株主総会で役員報酬の総額を決定する

・取締役会等で個々の役員に対する役員報酬を決定する。

・大企業の場合には報酬委員会と呼ばれる役員報酬制度の設計、見直しを行う機関がある場合も

 

パナソニックの会社概要

ではここからはパナソニックの会社概要や業績についても触れていきたいと思います。パナソニックは1935年創業の国内大手電機メーカーで、松下幸之助によって創業されました。社名のパナソニックは、ギリシャ語で「すべて」を意味する「PAN」と、英語で「音」を意味する「SONIC」に由来しています。

 

<パナソニックの会社概要>

会社名:パナソニック株式会社

英語表記:Panasonic Corporation

設立:1937年

本社所在地:大阪府門真市

業種:電気機器

事業内容:白物家電、住宅設備、車載設備等の製造販売

グループ売上高:3,951,937百万円(2019年3月期)

グループ従業員数: 195,056人(2019年3月期)

株式上場:東証第一部(1949年上場)

会社HP:https://www.panasonic.com/jp/home.html

 

パナソニックの業績、財務内容【役員報酬は会社の業績次第】

パナソニックの業績、財務内容はどのようになっているのでしょうか。役員の年収は会社の業績と連動する制度設計をしている会社が多いため、業績が上向いていくとそれに伴って役員の年収も上がっていくケースが多いです。

 

パナソニックの直近3事業年度の業績

パナソニックの直近3事業年度の業績は以下の通りです。

決算期2017年3月期2018年3月期2019年3月期
会計基準IFRSIFRSIFRS
売上高7,343,7077,982,1648,002,733
営業利益276,784380,539411,498
営業利益率3.8%4.8%5.1%
経常利益275,066378,590416456
経常利益率3.7%4.7%0.1%
当期利益149,360236,040284,149
利益率2.0%3.0%3.6%
自己資本比率26.3%27.1%31.8%

単位:百万円

パナソニック有価証券報告書(2019年3月決算)を元に筆者作成

 

パナソニックの売上高と営業利益の推移

パナソニックの売上高と営業利益は以下のように推移しています。

 

<パナソニックの売上高と営業利益の推移>

パナソニックの売上高と営業利益の推移

単位:百万円

 

パナソニックの業績、財務内容【役員報酬は会社の業績次第】

パナソニックのような大企業は様々な事業を行っているため、会社全体の業績を見るだけでなく事業別の業績を見ることで、どの事業が稼ぎ頭か、どの事業が足手まといになっているかを知ることができます。

 

パナソニックでは以下の4つのセグメントで事業を展開しています。

・アプライアンス

・エコソリューションズ

・コネクテッドソリューションズ

・オートモーティブ&インダストリアルシステムズ

 

セグメントごとの売上高と営業利益は以下のようになっています。

 

<パナソニックのセグメント別売上高と営業利益>

パナソニックのセグメント別売上高と営業利益

 

それではここからは、各セグメントごとの事業内容、業績について見ていきましょう。

 

アプライアンスの売上、業績と事業内容

<主要製品>

ルームエアコン、大型空調、テレビ、デジタルカメラ、ビデオ機器、オーディオ機器、洗濯機、冷蔵庫、掃除機、電子レンジ、美・理容器具 等

 

<主要会社>

パナソニック(製造・販売)、パナソニックコンシューマーマーケティング(販売)、パナソニックノースアメリカ(販売)、パナソニックマーケティングヨーロッパ(販売)、パナソニックアジアパシフィック(販売)、パナソニックチャイナ(販売)、パナソニックAPエアコン広州(製造)

 

<業績情報>

決算期2018年3月期2019年3月期
売上高(百万円)2,784,2322,750,553
営業利益(百万円)107,78585,852
営業利益率3.9%3.1%
従業員数(人)64,03769,821
一人当たり売上高(百万円)43.539.4
一人当たり営業利益(百万円)1.71.2

単位:百万円

 

<競合会社>

ソニー、キヤノン、ニコン、日立製作所、三菱電機、ダイキン、シャープ ほか

 

エコソリューションズの売上、業績と事業内容

<主要製品>

照明器具、ランプ、配線器具、太陽光発電システム、水回り設備、内装建材、外装建材、空気清浄機、戸建住宅、集合住宅、リフォーム 等

 

<主要会社>

パナソニック(製造・販売)、パナソニックコンシューマーマーケティング(販売)、パナソニックノースアメリカ(販売)、パナソニックマーケティングヨーロッパ(販売)、パナソニックアジアパシフィック(販売)、パナソニックチャイナ(販売)、パナソニックエコシステムズ(製造)、パナソニックホームズ(製造)

 

<業績情報>

決算期2018年3月期2019年3月期
売上高(百万円)1,957,3962,036,054
営業利益(百万円)81,22164,640
営業利益率4.1%3.2%
従業員数(人)51,09556,913
一人当たり売上高38.335.8
一人当たり営業利益1.61.1

単位:百万円

 

コネクテッドソリューションズの売上、業績と事業内容

<主要製品>

航空機内エンターテインメント、システム・通信サービス、電子部品実装システム、溶接機、プロジェクター、業務用カメラシステム、パソコン・タブレット、監視・防犯カメラ 等

 

<主要会社>

パナソニック(製造・販売)、パナソニックコンシューマーマーケティング(販売)、パナソニックノースアメリカ(販売)、パナソニックマーケティングヨーロッパ(販売)、パナソニックアジアパシフィック(販売)、パナソニックチャイナ(販売)、パナソニックシステムソリューションズジャパン(製造)、パナソニックスマートファクトリーソリューションズ(製造)、パナソニックアビオニクス(製造)

 

<業績情報>

決算期2018年3月期2019年3月期
売上高(百万円)1,110,4081,127,670
営業利益(百万円)103,58694,383
営業利益率9.3%8.4%
従業員数(人)31,54928,333
一人当たり売上高35.239.8
一人当たり営業利益3.33.3

単位:百万円

 

オートモーティブ&インダストリアルシステムズの売上、業績と事業内容

<主要製品>

車載インフォテインメントシステム、自動車用ミラー。乾電池、小型リチウムイオン電池、車載電池、制御装置、モーター、半導体、電子部品、電子材料 等

 

<主要会社>

パナソニック(製造・販売)、パナソニックコンシューマーマーケティング(販売)、パナソニックノースアメリカ(販売)、パナソニックマーケティングヨーロッパ(販売)、パナソニックアジアパシフィック(販売)、パナソニックチャイナ(販売)、パナソニックセミコンダクターソリューションズ(製造)、パナソニック液晶ディスプレイ(製造)

 

<業績情報>

決算期2018年3月期2019年3月期
売上高(百万円)2,803,9082,983,106
営業利益(百万円)93,43456,439
営業利益率3.3%1.9%
従業員数(人)102,414100,728
一人当たり売上高27.429.6
一人当たり営業利益0.90.6

単位:百万円

 

パナソニックの歴史と沿革、ニュース

年月内容
1918年松下幸之助により松下電気器具製作所として創業
1927年「ナショナル」の商標を制定
1949年東証、大証に株式上場
2003年グローバルブランドを「panasonic」に統一
2014年確定給付企業年金の一部を確定拠出年金に移行。これにより確定給付企業年金の運用リスクの一部から解放されることとなりました。
2019年7月米ドル建無担保社債を発行。(3年満期10億ドル、5年満期10億ドル、10年満期5億ドル)
2019年8月50近く在籍していた執行役員数を1/3程度まで削減すると発表。過剰な役員数は役割と責任の所在があいまいになることから、人数の削減は良い影響をもたらすと考えられる。
2019年8月オーディオブランド「テクニクス」から約15万円の高級イヤホンを販売すると発表。
2019年9月執行役員の数を43人から10人へと削減すると発表。執行役員の数は約4分の1になることとなった。
2019年11月2021年を目途に液晶パネル事業から撤退すると発表。同事業の工場従業員はグループ内で配置転換を行う方針。
2019年11月半導体事業からの撤退を正式発表。半導体の製造・販売を手掛けるパナソニックセミコンダクターソリューションズの全株式を台湾の半導体メーカーである新唐科技(ヌヴォトン・テクノロジー)に2億5000万米ドル(約270億円)売却すると発表。
2020年1月インドに電設資材の新工場を約46億円かけて新設する計画を発表。インド市場での需要増に対応。
2020年2月欧州の証明デバイス事業からの撤退を発表。ドイツ子会社のパナソニックライティングヨーロッパの全株式を売却する。
2020年2月東南アジアでシステムキッチンやユニットバスなどの住宅設備の開発・販売を強化すると発表。

 

まとめ パナソニック役員 専務 社長 会長の年収給料【役員報酬、ボーナス賞与】

パナソニックの役員の年収は思っていたより高かったでしょうか、低かったでしょうか。日本の大企業で働いているサラリーマンはたくさんいますが、その中で役員まで上り詰めるのは実力もさることながら運の要素も大きくあります。今の時代は大企業であってもリストラが当たり前の時代なので、自社での出世を目指しつつも、他社への転職による年収アップを狙ったり、副業を育てたりするなど、自分の可能性を一つに絞らないで複数の道を探っていくのが良い結果に結びつくように思います。

 

【記事一覧】大企業の役員 社長の年収・役員報酬

大企業の役員、社長、会長などの役員報酬についてまとめています。皆さん、がっぽり稼いでいらっしゃいます。

トヨタ自動車 の役員報酬と給料年収

ホンダ の役員報酬と給料年収

三菱商事 の役員報酬と給料年収

三井物産 の役員報酬と給料年収

住友商事 の役員報酬と給料年収

伊藤忠商事 の役員報酬と給料年収

丸紅 の役員報酬と給料年収

キヤノン の役員報酬と給料年収

冨士フイルム の役員報酬と給料年収

富士通 の役員報酬と給料年収

ファナック の役員報酬と給料年収

日立製作所 の役員報酬と給料年収

三菱電機 の役員報酬と給料年収

キーエンス の役員報酬と給料年収

日本電産 の役員報酬と給料年収

パナソニック の役員報酬と給料年収

電通 の役員報酬と給料年収

リクルートホールディングス の役員報酬と給料年収

ファーストリテイリング(ユニクロ) の役員報酬と給料年収

ソフトバンクグループ の役員報酬と給料年収

KDDI の役員報酬と給料年収

キリンホールディングス の役員報酬と給料年収

JT 日本たばこ産業 の役員報酬と給料年収

三菱地所 の役員報酬と給料年収

任天堂 の役員報酬と給料年収

オリックス の役員報酬と給料年収

信越化学工業 の役員報酬と給料年収

資生堂 の役員報酬と給料年収

武田薬品工業 の役員報酬と給料年収

花王 の役員報酬と給料年収

ユニチャーム の役員報酬と給料年収

JXTG(ENEOSホールディングス) の役員報酬と給料年収

 

 

【大手企業内定者が解説】失敗しない転職講座メニュー

第二新卒、未経験職種という底辺の転職から、その後のスキルと経験の蓄積によって、超大手企業への内定を獲得しました。ノウハウはブログ記事にまとめています。

転職エージェントの選び方【内定時に使ったエージェント】

企業研究のやり方【会社を選び、採用選考を突破する】

転職活動をするのは在職中か、退職後か

転職面接の自己紹介で好印象を与える方法

転職面接の逆質問の作り方【内定が近づく質問とは?】

労働条件通知書を中途はいつ貰える?【記載事項、交付義務】

退職交渉の流れと切り出し方【引き止めで難航、進まない失敗例】

 

記事をブックマークする

記事のブックマークは、はてなブックマークボタンからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いている人

モチタケ

・資産5000万円ほどを運用する個人投資家
・平日は東証一部上場企業本社のファイナンス担当(転職4社目)
・投資、副業、転職などのノウハウを配信
・東京都在住、ネコが好き

【保有資格】
・日商簿記1級
・税理士試験(財務諸表論、法人税法)
・CFP(ファイナンシャルプランナー)
・TOEIC900 など

関連コンテンツ


転職×副業×投資で1億円
タイトルとURLをコピーしました